藤原竜也「私が殺人犯です」…『22年目の告白』初映像&ビジュアル解禁

映画

藤原竜也と伊藤英明がW主演を務め、大ヒットしたパク・シフ主演の韓国映画を日本を舞台に映画化する『22年目の告白―私が殺人犯です―』。その公開日が2017年6月10日(土)に決定、藤原さん演じる“美しき連続殺人犯”のポスタービジュアル&映像が初解禁となった。

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした1995年に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけること、背後から縄で首を絞めあげること、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させること。その3つをルールで行われた残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。犯人はそのまま姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。

そして、22年後のある日。1冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です」。それはあの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより、曾根崎は時の人になっていく。だが、その告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった…。

『デスノート』シリーズの“キラ”こと夜神月をはじめ、個性的なキャラクターに挑み続ける超演技派俳優・藤原さんと、“熱い漢”から“猟奇的な殺人犯”まで幅広い役をこなす本格派俳優・伊藤さんが、初共演でW主演を果たすサスペンス・エンターテインメントとなる本作。監督は、『ジョーカー・ゲーム』『太陽』など話題作に挑んできた入江悠が務める。

届いた初映像では、1995年、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22年後、前代未聞の“殺人手記”出版記者会見を行うところから始まる。その手記を書いた人物、曾根崎雅人(藤原さん)は、大量のフラッシュを浴びて会見場に姿を現す。大勢のマスコミ、罵声を前に彼が発したのは、「はじめまして、私が殺人犯です」─という強烈な言葉。さらに、その男を睨みつける刑事・牧村航(伊藤さん)との因縁めいた関係性も描かれている。


また、同じく完成したポスターでは、自ら記した著書「私が殺人犯です」を手に、不敵な笑いを浮かべる曾根崎の姿が! 残忍な殺人を犯したとは思えない、美しさと妖しさを披露する。「日本中が、欺かれる。」との言葉にあるように、まさに日本中を混乱に陥れ、人々の感情を逆撫でし、禍々しさすら感じさせるビジュアルだ。

この藤原さん演じる曾根崎と、伊藤さん演じる事件を追い続けてきた牧村刑事は、どんな結末へと向かうのか。いまからも期待せずにはいられない。

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は2017年6月10日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top