ヒッチコックのミューズ、監督のセクハラとストーカー行為を回想録で暴露!

最新ニュース

ティッピ・ヘドレン&ヒッチコック監督-(C)Getty Images
  • ティッピ・ヘドレン&ヒッチコック監督-(C)Getty Images
  • ヒッチコック監督-(C)Getty Images
  • ティッピ・ヘドレン-(C)Getty Images
ダコタ・ジョンソンの祖母でメラニー・グリフィスの母である女優ティッピ・ヘドレン(86)が来月に回想録を出版する。

ティッピは1961年にテレビのコマーシャルに出演していた姿をヒッチコック監督に見いだされ、1963年に『鳥』に主演。当時は監督のミューズであり、寵愛を受けているものだと思われていたが、実際は6か月の製作期間中、度重なるセクハラに耐えていたそうだ。「The New York Post」が抜粋した具体的な例として、ヒッチコックは『鳥』でティッピと共演したハンサムなロッド・テイラーに「ティッピと仲良くするな、触れるな」と釘を刺し、ティッピが男性と楽しそうに話しているだけで冷たい視線を送ったり子どものようにすねたり、激しく嫉妬したという。

また、「監督は、車に一緒に乗るとドライバーに私の家の前を通過させました。そして『僕に触れて』と言うのです」。何とも驚きのセクハラであるが、リムジンの後部座席で無理矢理キスを迫られたこともあり、「もう本当に最低最悪な瞬間でした」とティッピは回想録に綴っている。

当時誰にも相談することができなかったのは「60年代には“セクハラ”や“ストーカー”なんていうのは存在し得ないものだったから…」。また、スタジオにとって大切なのは、自分ではなく監督の方だと明らかだったのも声を上げられなかった理由だと語っている。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top