ご懐妊中の澤穂希、ふっくら姿かと思いきや「筋肉があるから、そんなに前に出ていない」

最新ニュース

アドベンチャー・アニメーション『コウノトリ大作戦!』の公開初日舞台挨拶が11月3日(木)、新宿ピカデリーにて行われ、日本語吹き替え版の声優を務める「アンジャッシュ」の渡部建と児嶋一哉、特別ゲストに澤穂希が登壇した。現在ご懐妊中の澤さんは、えんじ色のロングワンピースを身に纏い、お腹に手をあてながら登場して幸せオーラをふりまいていた。

『コウノトリ大作戦!』は、コウノトリが赤ちゃんを運んでくるという世界で知られる言い伝えをモチーフにしたアニメーション作品。人間に赤ちゃんを届けようとするコウノトリでありながら、宅配便会社の騒動を描く。

劇場版アフレコに初挑戦となった「アンジャッシュ」の2人。渡部さんは、「台詞を合わせるのも、言葉だけでの芝居は難しかったです。逃げる、崖から落ちるとかが多いので、ずっと『あーーー!』と言っていて。何度も撮り直したので、声ガサガサになっちゃって」と苦労を明かした。児嶋さんは、「バラエティの現場では『児嶋だよ』みたいな幅い狭…じゃなくて、狭い幅でやってたんですけど、声優の仕事は芸の幅が広がるぞと思ったんですけど…」としどろもどろで落ちまで言い終わらず、渡部さんに「かんじゃった…」と決まらない自分に肩を落としていた。

この日は11月3日で「いいお産」の日ということもあり、お子さんを宿した澤さんも登場。渡部さんが、「久しぶりにお会いしましたけど、ご懐妊なさってすごく穏やかな顔つきですよね。ピッチのときは鬼のようで(笑)」と冗談めかすほど、終始ニコニコしていた澤さん。自分に「コウノトリ」が訪れるとわかったとき、澤さんは「最初はびっくりしたんですけど、望んでいた赤ちゃんだったのですごくうれしかったです。先生は性別がわかっているんですけど、私自身は生まれるまで楽しみにしています」と、すでにわが子にメロメロの様子。

集まったマスコミから「横を向いてください」「お腹を見せてください」と多くのリクエストを告げられた澤さん。予定では「あと2か月です」ということだったが、お腹のせりだしがそれほどでもないことから、澤さんは「筋肉があるから、まだそんなに前に出ていない(笑)。あと1か月くらいで出ると思います」と横にいる渡部さんに向かって苦笑い。「アンジャッシュ」の2人も、そんな澤さんを見守り「いいお母さんになりそうですね」と目じりを下げていた。

『コウノトリ大作戦!』は全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top