菅田将暉、初の恋愛映画主演で壁ドン&あごクイを家で特訓も見せ場ナシ!

最新ニュース

映画『溺れるナイフ』の女子中高生限定試写会が11月3日(木・祝)に開催され、サプライズゲストとして小松菜奈と菅田将暉が舞台挨拶に登壇! 2人とも現役女子中高生たちに興味津々で質問を次々と投げかけた。

ジョージ朝倉の170万部突破の人気漫画を新鋭・山戸結希監督が映画化。東京でモデルをやっていたが田舎へ引っ越してきた夏芽は、そこで神主の一族の子・コウと出会い、2人は互いにその強烈な輝きに引き寄せられる。だが、ある悲劇が2人を襲い…。

現役女子中高生が制服着用で参加したこちらの試写会。いま、彼らの世代から絶大な支持を集める小松さんと菅田さんが登場するや会場には悲鳴のような歓声が響き渡る。菅田さんは、そのエネルギーに圧倒されたようで「みなさん何歳ですか? 17歳? 15歳?(自身とは)10コくらい違うワケですよ…。おじさんです(笑)。よろしくお願いします」と挨拶し、笑いを誘う。

ここ数年、次々と話題の映画に出演している菅田さんだが、実は意外にも恋愛映画への主演はこれが初めて。「“壁ドン”や“あごクイ”を家で練習してたんですけど、全くなくて…(笑)」と冗談めかしつつ、“定番”の少女漫画原作の恋愛映画とは違うと語り「自分らしいラブストーリーになったと思います」と胸を張った。

一方、小松さんは人気漫画原作の本作への主演について「プレッシャーは付き物ですが、台本をいただいたとき、キャストを見たら一番最初に(自身の)名前があり、初めてのことで『ウワッ!』と重みを感じました。でも頑張らなきゃ! という気持ち、(共演の)キャストのみなさんに負けたくないという気持ちでした」と明かした。

トークでは、小松さん、菅田さん、そして会場の女子中高生たちに映画や恋愛に関する質問を投げかけ、○×で答えてもらったが「付き合うならコウ?」という質問に菅田さんは悩んだ末に「○」を掲げ「仮に、結婚するなら、ちゃんと幸せになれるのは大友(※コウの友人/重岡大毅)だけど、付き合って、ハプニングやアドベンチャー気分を楽しむならありかな?」と語った。一方の小松さんは「×」!「大変だと思いますよ…。好きになるのは楽しいしミステリアスな人に惹かれるけど付き合うのは無理!」と拒否。また小松さんは、自身が演じた夏芽に対してさえも「演じてみたけど、めんどくさいなと思いました(笑)」とぶっちゃけて語り、会場は笑いに包まれた。

また、菅田さんは女子中高生たちの映画の感想に興味津々! 単に「楽しかった」「面白かった」にとどまらない感想に驚き「僕は(同じ年齢の頃)、こんなに話せなかったですよ!」としみじみ。「ポロリと涙が出た」というある観客の言葉に「女優向きの感性をお持ちです。うちに来ないか?」とその場でスカウトまで始め、会場は再び笑いに包まれていた。

『溺れるナイフ』は11月5日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top