松田凌&宮崎秋人&赤澤燈ら2.5次元のスターが「男水!」での地上波への殴り込みに自信!

最新ニュース

「男水!」キックオフイベント
  • 「男水!」キックオフイベント
  • 松田凌/「男水!」キックオフイベント
  • 廣瀬智紀/「男水!」キックオフイベント
  • 宮崎秋人/「男水!」キックオフイベント
  • 黒羽麻璃央/「男水!」キックオフイベント
  • 松田凌/「男水!」キックオフイベント
  • 小澤廉&黒羽麻璃央/「男水!」キックオフイベント
  • 「男水!」キックオフイベント
競泳部の面々の青春を描く同名人気漫画のテレビドラマ化&舞台化作品として熱い注目を浴びる「男水!」のキャストが集結してのキックオフイベントが11月13日(日)に開催。松田凌、宮崎秋人、赤澤燈ら2.5次元作品で活躍する俳優陣が1,500人のファンを前に決意を語った。

この日は、東ヶ丘高校水泳部のメンバーを演じる松田凌、宮崎秋人、赤澤燈、佐藤永典、とコーチ役の廣瀬智紀、そしてインターハイ常連の強豪校・桜下大附属龍峰高校の部員を演じる安西慎太郎、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介の計9名が来場。部員役の8名はそれぞれの学校のジャージ姿を初めてお披露目し、会場をわかせた。

ドラマは来年1月より放送が開始となり、その後、5月には舞台版が上演。ミュージカル「テニスの王子様」「薄桜鬼」、「弱虫ペダル」など、近年、多くの観客を動員し、脚光を浴びている2.5次元の世界でトップを走る人気俳優陣が一堂に会したが、主演の松田さんは「舞台を中心に活動している俳優にも魅力的な人は多いですが、その中でも選抜されたメンバーじゃないかと思っています。自負を持ってやりたいし、強く飛び出したい!」と力強く語る。

今年、「弱虫ペダル」が実写ドラマ化され、2.5次元で活躍する俳優陣が舞台と同じ役で多数、出演し話題を呼んだが、こちらの放送は有料チャンネルのBSスカパー!。今回の「男水!」は地上波の日本テレビでの放送となる。舞台の世界では知らぬ者のない人気キャストが集結したが、テレビにおいてはまだまだ知名度が十分とは言えないところもあり、宮崎さんは「大きな勝負であり、賭けであり、挑戦だと思う。しっかり勝つ気で臨みたい。舞台もドラマも成功させられるよう、もっともっとチームワークを高めていきたいと思います。このメンバーが集まって、勝てるって自分の中で確信が持てました」と強い意気込みと自信を口にする。

東ケ丘高校のマネージャーで“おネエ系”の晴美を演じる赤澤さんは「清く正しくおネエです(笑)!」と語り、喝采を浴びていた。

すでに撮影は始まっており、水泳の練習と並行して、ハードなスケジュールが続くが、一同、気合十分。最後に改めて、意気込みを問われた松田さんは「泥臭くても、熱くてもいいんじゃないかと思ってます」と時代の流れにあえて逆行する“非スマート”を口にし宣戦布告! 「終わったときに“代表作”として誇れるものにしたいです。一線を超えていかなければ、舞台から世界へ飛び込んでいく新しい道は作れないんじゃないと思います。『誰が(舞台から)新しい世界に出ていくか?』と言われたら、みんなが『俺です』と言えるくらい、絆を深めながら戦っていきたいです」と熱く語り、寒空の下のイベントながら、会場は終始、熱狂に包まれていた。

「男水!」地上波ドラマは2017年1月より日本テレビほかにて放送。舞台版は2017年5月上演。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top