エミリー・ブラントら最旬女優を取り囲む疑惑の○○系男子…『ガール・オン・ザ・トレイン』

映画

『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』 (C)Universal Pictures
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』ポスタービジュアル (C)Universal Pictures
エミリー・ブラントをはじめ、『マグニフィセント・セブン』にも出演するヘイリー・ベネット、『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』のレベッカ・ファーガソンという最旬の注目女優が、世界的ベストセラーミステリー小説の映画化に集う『ガール・オン・ザ・トレイン』。そんな彼女たちを取り囲む本作のイケメン俳優たちは、“心配症男子”に“クリームシチュー系男子”…と、それぞれキャラ立った男たちであることが分かった。

本作の主人公レイチェル(エミリー・ブラント)は、愛する夫・トムと離婚し、アルコールに溺れ、傷心の日々を過ごしている。ルームメイトを心配させないため、毎日電車に乗り、通勤するフリをしているが、そんな彼女の唯一の慰めは、“通勤電車”の中から幸せそうな“理想の夫婦”を覗き見ること。

そんなある日、“理想の妻”の不倫現場を目撃してしまったことから、物語は急展開。レイチェルが覗き見ていた“理想の夫婦”の夫・スコットはなんと、超ド級の心配性男子! ルーク・エヴァンスが演じるこのスコットは、妻の動向が気になるあまりに、妻の携帯を無断でチェックしてしまうほどの束縛ぶりを見せる。イケメンで優しそうで、どんなに“理想的”に見えても、外から見ているだけでは本当のところは分からない。どうやら、スコット以外の男性陣もそれぞれ見かけとは違った性格を持ち合わせているようだ。

◆スコット(ルーク・エヴァンス) 心配しすぎるのが玉にキズ…それは愛情の裏返し? 心配性男子
「どこ行くの?」「誰と会うの?」「帰りは何時?」…常に彼女の行動が心配でならない心配症男子。メガン(ヘイリー・ベネット)の夫スコットは、主人公レイチェルにとっては毎日通勤電車から見ていた“理想の夫婦”の“理想の夫”。朝は妻よりも早く起きてコーヒーを入れ、いつも妻のことを優しくいたわる。とはいえ、心配しすぎるあまりに、妻のメールのチェックをしてしまったりと、少し女々しい一面も。でも、ルークのようなイケメンから心配されるのなら、行き過ぎた束縛でもOKかも!?

◆トム(ジャスティン・セロー) 優し気な見た目に要注意!実はプレイボーイなピーマン肉詰め系男子
パッと見の雰囲気は草食系男子(ピーマンの部分)のつもりでも、肉食系の部分、つまり下心が隠しきれずに丸見えになってしまっている男性のことを、ピーマン肉詰め系男子という。草食系に見えて実は肉食系のロールキャベツ男子とはまた違うパターンだ。レイチェルの元夫であるトムは、端正な顔立ちに、優し気な表情を見せるが、実は、結婚しているのにアナ(レベッカ・ファーガソン)と浮気し、レイチェルとは離婚して即再婚。現在も、トムの妻メガンと浮気中というかなりのプレイボーイ。でも、ジャスティンぐらい、柔和なイケメンだったら許せるのかも!?

◆カマル・アブディッチ(エドガー・ラミレス) 夫にするならこの人! 優しく包み込んでくれるクリームシチュー系男子
クリームシチュー系男子の特徴は、優しさと男らしさを兼ね備えた男性であること。優しい味(やさしさ)と栄養たっぷり(男らしさ)ですべてを優しく包み込んでくれる。エドガー・ラミレス演じるカマルは、精神科医という役どころ。レイチェルと、スコットの妻メガンは、カマルに全幅の信頼を寄せ、誰にも(夫にも)言えなかった悩みを告白する。イケメンなプレイボーイもいいけれど、刺激の面では少々もの足りなくても、やっぱり最後はすべてを優しく包み込んでくれる男子が1番!?

さて、あなたならどんな男子が好み?

『ガール・オン・ザ・トレイン』は11月18日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top