【特別映像】トニ・コレット&ドリュー・バリモア、大親友の出会いと成長をたどる…『マイ・ベスト・フレンド』

映画

『マイ・ベスト・フレンド』(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED
  • 『マイ・ベスト・フレンド』(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED
  • 『マイ・ベスト・フレンド』(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED
  • 『マイ・ベスト・フレンド』(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED
『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレットと『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのドリュー・バリモアがW主演する『マイ・ベスト・フレンド』。この度、日本公開を間近に控えた本作から、冒頭の特別映像が到着した。

幼い頃からの大親友で、ファーストキスから初体験まで、互いの全てを知っているミリーとジェス。この友情は何も変わることなく、永遠に続いていくと信じていた。ところがあるとき、ミリーに乳がんが見つかり、同じころジェスの妊娠が発覚。不妊治療を続けてきたジェスは母となる喜びを誰よりもミリーと分かち合いたいが、ミリーのことを思うと、どうしても打ち明けられない。相手を想うがゆえに言葉にできないことが増えていく、2人の友情の行方は――。

日本でも大ヒットを記録した『おみおくりの作法』のクリストファー・サイモンが製作を担当し、『トワイライト~初恋~』などで知られるキャサリン・ハードウィックが監督を務める本作。女性同士のあたたかく深い友情を、女性監督ならではの視点で描き、“女ともだちあるある”がちりばめられ多くの共感と感動を得られる作品となっている。

こんな親友がいたら…と誰もが羨む友人関係を築いてきたミリーとジェス。何でも共有してきた2人は、ミリーはバンドマンの彼と結婚、ジェスは心優しいパートナーと共にお互い幸せな生活を送っていた。そんな2人の友情は永遠に続くかと思われた矢先、それぞれ大きな運命に直面してしまう…。このほど到着した映像からは、ジェスが転校してきて2人が初めて出会うシーンから、それぞれ成長してきた様子を一緒にたどることができる映像となっている。


心温まるストーリーのラストには、笑顔と涙が溢れ出すこと間違いなし。ぜひ大切な人と本作を楽しんで欲しい。

『マイ・ベスト・フレンド』は11月18日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top