阿部寛、自分の顔がラッピングされたバスに赤面?「恥ずかしいですね」

最新ニュース

映画『疾風ロンド』(吉田照幸監督)の公開を記念した2階建ての“疾風ロンドンバス”出発式が11月17日(木)、都内で開かれ、人工雪が舞うなか、主演を務める阿部寛、共演の大倉忠義、大島優子、ムロツヨシが揃ってテープカットを行った。

実際にロンドンを走行していたという“本物”の車体には、阿部さんをはじめとしたキャスト陣の姿が大々的にラッピングされており、そのド迫力に阿部さんは「恥ずかしいですね」と本音をポツリ。それでも「宣伝効果がありそう。ぜひ、事故がないよう運行してもらえれば」と運転者にエールをおくった。

「阿部さんはただでさえ、迫力があるのに、こんなに大きくなるとすごい迫力ですね」(大倉さん)、「阿部さん、大きい!」(大島さん)と共演陣も驚きの表情。また、ムロさんは「このバスに乗って、ロケをさせてもらった野沢温泉に行って、(映画の)完成の挨拶に行きたい」と話していた。“疾風ロンドンバス”は今週いっぱい、都内を走行することになっている。

国民的ベストセラー作家・東野圭吾による100万部突破の同名小説を映画化。超巨大スキーリゾート地を舞台に、しがない主任研究員・栗林和幸(阿部さん)が、何者かに盗まれた後、 雪に埋められた生物兵器をタイムリミットである4日間以内に発見しようと奮闘する。

東野氏とは「新参者」シリーズでもタッグを組んでいる阿部さんは、「原作の存在が非常に大きな作品ですが、それを壊すがごとく、吉田監督のもとで挑んで、面白いエンターテインメントに仕上がった。年末年始に楽しんでもらえる作品」とアピール。自身もアクションシーンに挑戦した大島さんは「見てほしいのはやっぱり、アクションですね。まるで(観客が)一緒に滑っているような映像に圧倒される。ハートウォーミングな要素もある」と見どころを語っていた。

『疾風ロンド』は11月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top