【インタビュー】松山ケンイチ、この役を演じるために俳優に…『聖の青春』は「10年に1本」の渾身作

最新ニュース

松山ケンイチ、森義隆監督『聖の青春』/photo:Ryo Uchida
  • 松山ケンイチ、森義隆監督『聖の青春』/photo:Ryo Uchida
  • 『聖の青春』(C)2016「聖の青春」製作委員会
  • 『聖の青春』 (C)2016「聖の青春」製作委員会
  • 松山ケンイチ、森義隆監督『聖の青春』/photo:Ryo Uchida
  • 『聖の青春』(C)2016 「聖の青春」製作委員会
  • 『聖の青春』 (C)2016「聖の青春」製作委員会
「ずっと探していた、ということだと思います。いろんなめぐり合わせで、村山聖という人物を演じられたことに感謝しなければいけないし…、やっぱり10年に1本の作品なんですよ。自分はこの役を演じるために、俳優になったんじゃないかとふと思っちゃって」。

そう思わせるほどの役柄、作品との出合いが俳優にとって、どれほど幸福なことであるかは、想像に難くない。松山ケンイチが、29歳で急逝した天才棋士・村山聖を演じた『聖の青春』。幼い頃に難病のネフローゼを患いながら、将棋の才能を開花させた村山聖が、プロとして当時「東の羽生、西の村山」と並び称された最大のライバル・羽生善治と文字通りの死闘を繰り広げた青春の1ページを描く。大幅に増量した、命がけの役作りも話題だ。

■村山聖を演じるためなら、命を燃やせる

「体型の変化やそういう表面的なことが話題になるのは仕方ないと思いますけど、役者にしてみるとマストというか、最低限やらなきゃいけないことなので…。村山さんの体型には、持病が関係していたし、それを自分が肉体で表現することで初めて、村山さんの体の使い方、生活のリズム、クセや考え方に近づくことができたと思うので。歩き方も変わるし、『こんな場所が凝るんだな』とか(笑)。そういう意外な発見は、どんどん役作りに活かしましたね」。

「村山さんが命、そして生きることに向き合う姿に、ものすごく感銘を受けたんです。男としてカッコいいなと思うし、20代で演じた平清盛もそうですが、何かに夢中になって生きているほうが面白いと思うんですよ。僕はまだ31年しか生きていないですが、常にそうありたいと思いますし、それを改めて実感させてくれたのが村山さんの存在。だからこそ、村山聖を演じるためなら、命を燃やせると思ったし、そうでなければ表現できないんです」。
《photo / text:Ryo Uchida》

関連ニュース

特集

page top