エズラ・ミラー、ファンからサインをねだられ突っぱねた理由

最新ニュース

エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』でフラッシュ役を演じ、同役で『ジャスティス・リーグ』を撮影中のエズラ・ミラーがなんとも俳優らしい理由でファンへのサインを断った。

ここ数年に渡り、映画で超高速で移動するスーパーヒーロー・フラッシュを演じてきたエズラは、原作のDCコミックスに対する忠誠心を大切にしているようだ。

先日、出演作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のイベントに出席した彼が「エージェント・オブ・シールド」のコミック本を手にしたファンにサインをねだられた。するとエズラは「サインができないって、わかってくれるよね? ほかの物にならサインするよ。でも、それにはできないのは明らかでしょ? ごめんね」と困り、苦笑。「エージェント・オブ・シールド」は、DCコミックス最大のライバル社マーベルの作品なのだ。

混乱している様子のファンは、エズラが出演した「『ジャスティス・リーグ』もマーベルじゃないってこと?」と聞き、「違うよ、DCコミックスだよ。2つの会社は競合相手なんだ。悪いけど本当にサインできない。(サインしたら)僕は死ぬことになっちゃうよ」とあくまでも拒否し、DCコミックスへの忠誠を貫いた。2018年にはフラッシュが主役の『The Flash』(原題)の主演にも決定しているエズラ。俳優ならではの対応であった。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top