金ロー「3週連続ジブリ」今夜は『猫の恩返し』“ファンタビ”最新映像も世界初公開

最新ニュース

『猫の恩返し』(c)2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT
  • 『猫の恩返し』(c)2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT
  • 『猫の恩返し』(c)2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT
  • 『猫の恩返し』(c)2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT
  • 『猫の恩返し』(c)2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT
「金曜ロードSHOW!」がスタジオジブリ作品を連続放送する「3週連続 秋のジブリ」。第3夜となる11月18日(金)今夜は2002年公開の森田宏幸監督作品『猫の恩返し』が放送される。

ひょんなことから猫の国に行くことになった女子高生・ハルの冒険を描いた本作は『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語という位置づけとなっており、同作にも登場した猫の男爵バロンとムーンが本作にも登場するなど、『耳をすませば』のスピンオフ的な作品になっている。

ごくごく普通の女子高生・ハルはある日の帰り道、トラックにひかれそうになっていた美しい黒猫を救出。その黒猫・ルーンは突然立ち上がり、丁寧にお礼を言って去っていく。いきなり猫が話したことにハルは驚くが、母によるとどうやら幼い頃にも猫とお話をしたと言い張っていたことがあったという。

その夜、ハルの元に猫の国から来た猫王が現れ、自分の息子を助けてくれたハルに「恩返し」がしたいと話す。その宣言通り翌朝から「猫の恩返し」がスタート。ハルには少々迷惑なものばかりだが、そんなことは気にもかけない猫王はハルをルーンの妃に迎えると勝手に決めてしまう。

困ったハルだが、どこからか聞こえてきた「猫の事務所に行って」という声に導かれた先で出会った白い猫・ムタの案内で「猫の事務所」を訪れると、主人のバロンと相棒のトトがハルを待ち受けていた。ハルの話を聞いたバロンは自分を見失わないようハルを諭すが、その直後、ハルは猫の国に連れ去られてしまう…というストーリー。

主人公・ハルの声を担当するのは本作で声優初挑戦、最近では『海月姫』や『怒り』などに出演している女優の池脇千鶴。猫の男爵バロンを『利休にたずねよ』や『呪怨 -ザ・ファイナル-』の袴田吉彦が、猫の国の王子・ルーンの声を「勇者ヨシヒコ」「闇金ウシジマくん」シリーズなどの山田孝之が担当。

またハルの母には岡江久美子、猫王には丹波哲郎、ムタには渡辺哲、トトには斉藤洋介。そのほか前田亜季、佐藤仁美、佐戸井けん太、濱田マリらが声優として本作に参加している。

今回は公開当時同時上映されたジブリの傑作短編集『ギブリーズepisode2』から2つのエピソードをテレビ初放送するほか、スマホやデータ放送から参加できる企画も行われる。

さらに今夜はハリー・ポッターシリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の独占映像をテレビ世界初公開。しかも今夜一度限りの放送となるのでこちらもお見逃しなく。

金曜ロードSHOW!『猫の恩返し』は11月18日(金)今夜21時~日本テレビ系で放送。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)より全国にて公開。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top