【シネマ羅針盤】社会の分断を描く『ファンタビ』 ハリポタ新章が極上の幕開け

最新ニュース

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 (C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 (C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
世界中に魔法をかけた映画『ハリー・ポッター』シリーズ完結から5年。同じ魔法の世界を舞台に、原作者であるJ.K.ローリング自ら脚本を書きあげた新シリーズが始動した。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。ハリポタ新章の幕開けを告げる極上の一作だ。

すでにご存じかと思うが、本作について簡単に説明すると、映画の主人公は魔法動物学者のニュート・スキャマンダー。実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者でもある彼が、滞在先のニューヨークで、魔法のトランクに詰め込んでいた魔法動物たちをうっかり逃がしてしまう。折しも現地では、原因不明の地割れや建物の崩壊が続発し、アメリカ合衆国魔法議会に緊張が走っていた…。

すでに5部作として製作されることが決定しており、その第1弾となる本作はいわばイントロダクション。それだけに、登場キャラクターや世界観の説明に費やされる時間も短くないが、『ハリポタ』後半の4タイトルも手がけたデヴィッド・イェーツ監督は、格調高い映像美にユーモアを散りばめた見事な演出力を発揮し、映画の前半だけでも数々の名場面を生み出している。魔法動物が次々と登場するトランクの内部シーンが特に素晴らしい。

また、アメリカ大統領選がもたらした社会の分断が、奇しくも映画には色濃く描かれている。ニューヨークが舞台になっている分、余計にそんなことを感じさせた。「魔法使いの存在は絶対に知られてはならない」という掟のもと、騒動が発端となり、魔法使いとノー・マジ(普通の人間)が共存する世界は不穏な空気に包まれ、掟に反し「いまこそ魔法使いは表舞台に立つべきだ」と主張する魔法使いが台頭し、魔法界の内部にも亀裂が生じるのだ。

スピンオフでも、前日譚でもない。『ハリポタ』シリーズの良さはキープしつつ、新鮮な驚きと感動に満ちあふれた『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が、決して好調ではなかった2016年の実写洋画を盛り上げる起爆剤になることを期待したい。『ハリポタ』ファンを満足させるのはもちろんだが、いわゆる原作ものではないので、劇場に足を運ぶハードルは高くないはず。オブリビエイト(忘却)できない冒険が、ここから始まる。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)より全国にて公開。
《text:Ryo Uchida》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top