来日女優は感涙!愛にあふれた『ファンタビ』3日連続の来日プロモーション、無事終了

最新ニュース

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • エディ・レッドメイン&アリソン・スドル/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • アリソン・スドル/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • エディ・レッドメイン/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • ダン・フォグラー/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • エディ・レッドメイン/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
  • ダン・フォグラー&エディ・レッドメイン/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶
「ハリー・ポッター」新シリーズの幕開けを飾る『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日(水・祝)、日本各地で封切られ、来日中の主演俳優エディ・レッドメインらが都内で初日舞台挨拶を実施。青い法被をまとい、鏡開きを行った。

11月21日(月)に六本木ヒルズアリーナでジャパンプレミアが開催され、翌22日(火)には表参道のホールでファン400人を招待した前夜祭イベントが行われた。そしてこの日は、ハリウッド俳優による“超異例”の初日舞台挨拶と3日連続で、豪華な来日プロモーションを敢行。そこでエディらを待ち構えていたのは、熱狂的な日本のファンの暖かな歓迎だった。

「今年に入って、日本に来るのは2度目だけど、来るたびに日本が大好きになるよ。皆さんの心からの“愛”を感じるからね」と日本への思いを語るエディ。「その皆さんの愛を、ぜひ『ファンタスティック・ビースト』にも注いでほしい。僕らが心をこめて完成させた作品が、皆さんの心に届けば本当にうれしいよ。公開初日を皆さんと一緒に迎えた今日という日は、一生忘れないよ!」とファンの愛にあふれた来日プロモーションの無事終了に感謝を述べていた。

初日舞台挨拶には主人公・ニュート役のエディに加えて、アリソン・スドル(アメリカの魔法省で働くティナの妹・クイニー役)、ダン・フォグラー(パン屋開店を夢見るノー・マジ=人間のジェイコブ役)、『ハリポタ』シリーズ後半4本を手がけ、メガホンもとるデヴィッド・イェーツ監督、プロデューサーのデヴィッド・ヘイマンが出席した。

開口一番「ニホン、ダイスキ~」と挨拶したダンは、「この3日間、僕らが味わった皆さんの歓迎はまさにファンタスティック! 大いに盛り上げてくれた皆さんには、何かお返しをしたいよ」とご機嫌。また、アリソンは幼い頃から日本に強いあこがれを抱いていたといい、「今日という日を、大好きな日本で皆さんと迎えられるなんて…やっぱり、魔法は存在するわ」と感動の涙! 「魔法を信じ続けた私が、この作品の一部になれたのは人生におけるマジカルな経験。夢は本当に叶うのね」としみじみ語っていた。

「正統な続編と呼ぶにふさわしい作品に仕上がった。とても誇らしいよ」(イェーツ監督)、「いまはワクワクした気持ちが止められないよ。皆さんには感謝の気持ちを伝えたいし、ハリーやロン、ハーマイオニー同様、ここにいるキャストが演じた登場人物も愛してほしい」(ヘイマン氏)と製作陣も、魔法の新たな“1ページ”に興奮を隠しきれない様子だった。

ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者でもある魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが、滞在先のニューヨークで、魔法のトランクに詰め込んでいた魔法動物たちをうっかり逃がしてしまい、大騒動を巻き起こす。「ハリー・ポッター」シリーズと同じ魔法の世界を舞台に、原作者のJ.K.ローリングが脚本を手がけている。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top