高畑充希、森川ココネとして主題歌を担当! 『ひるね姫』予告編公開

映画

高畑充希 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 高畑充希 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫~知らないワタシの物語~』(C)2017 ひるね姫製作委員会
「東のエデン」「攻殻機動隊S.A.C.」の神山健治が、原作・脚本・監督を務めるアニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。この度、本作の主題歌を高畑充希扮する主人公・森川ココネが担当することが決定。併せて本作の予告編も到着した。

岡山県倉敷市で父親と2人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと…考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼なじみの大学生・モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった――。

キャストには、主人公・ココネ役の高畑さんを始め、相棒・ジョイ役に声優の釘宮理恵、ココネの父親役に江口洋介、そのほか満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹ら豪華俳優陣が声をあてている。

今回本作の主題歌に決定したのは、「デイ・ドリーム・ビリーバー」。1967年に発表された「モンキーズ」のオリジナルを、日本の伝説的ロックスター・忌野清志郎によく似たZERRY率いる「タイマーズ」がカバーした名曲だ。そして、そんな楽曲を歌唱するのが、本作の主人公・ココネ(高畑さん)。「映画のエンディングで流れる主題歌もストーリーの一部」と考える神山監督は、まるで映画のストーリーをなぞらえて、主人公の気持ちを代弁するような歌だからこそ、この「デイ・ドリーム・ビリーバー」は主人公に歌ってほしいと高畑さんに熱烈オファー。高畑さんは自身の名義ではなく、森川ココネとして歌唱している。

高畑さんは「自分が声優を務めた作品で、主題歌も担当するのは初めての挑戦です。しかも凄く好きな曲を。やはり私の中では清志郎さんの素敵なイメージが未だに鮮やかで、カバーするには勇気が必要だと思いましたし、私で大丈夫かなという不安な気持ちはありました」と心配を口にするも、「役がそのまま唄うようにエンドロールに入っていきたいと監督がおっしゃったので、それだったら面白いのではないかと思い、チャレンジさせていただくことになりました。清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました」とコメント。また監督は「この楽曲は高畑さんでなければ意味がありません。“高畑さんが演じる森川ココネ”に歌ってもらうことで作品が完成すると言っても良いくらいです。主題歌を引き受けて頂き、非常に嬉しく思います」と熱い言葉を寄せた。

さらに今回は予告編も到着。ココネと満島さん演じる幼馴染みの大学生・モリオとのやりとりなど、ごく普通の日常が映し出される前半から一変、江口さん演じる父・モモタローが突然警察に逮捕され、東京に連行。海中から突如姿を現した異形の怪物、謎のタブレット、ココネのもとに現れる訪問者…次々と起こる現実世界の出来事が、何度も見ていた夢とつながっていることに気づくココネ。すべてを知るため、そして父親を助けるために眠るココネ。予告編の最後には、「お母さん、なんで?」と何かを発見して驚き涙。果たして彼女の涙の理由とは…? また、今回発表されたココネが歌う主題歌もこの映像に収録されている。


『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月18日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top