広瀬アリス、「Acid Black Cherry」yasuのサプライズ登場に驚きと感動のあまり感涙

最新ニュース

広瀬アリス/『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 広瀬アリス/『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 広瀬アリス/『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 「Acid Black Cherry」yasu/『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 下山天監督/『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 古川雄輝/『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 広瀬アリス/『L-エル-』初日舞台挨拶
  • 『L-エル-』初日舞台挨拶
「Acid Black Cherry」のコンセプトアルバムを映画化した『L-エル-』の初日舞台挨拶が11月25日(金)、都内にて行われ、出演する広瀬アリス、古川雄輝、下山天監督、さらにサプライズゲストで「Acid Black Cherry」のyasuが登壇した。もともとファンだという広瀬さんは、yasuさんの登場に目を大きく見開き、「びっくりした! 本当に知らない! (yasuさんは)来ないって聞いて…。うれしいです!」と興奮しきり。yasuさんに花束を渡されるとうっすら涙を浮かべていた。

普段なかなかメディアに姿を見せないyasuさんだが、今回は忙しいレコーディングの合間を縫って駆けつけてくれたそう。とにかく興奮する広瀬さんや、驚きのあまり固まる古川さんを前に、にっこりと微笑んだyasuさんは、「このたびは、映画初日おめでとうございます。撮影と製作、本当にお疲れさまでした」と3人を労った。さらに、「今回こういう形で映画化していただけるなんて、夢にも思っていなかったですし、素敵な監督と素晴らしい役者さんで。こうやって僕たちの手を離れて皆さんの手元に違う形でいくのは、何とも言えないくらい幸せな気持ちです」と、感無量の表情を浮かべていた。

『L-エル-』は、色のない町に生まれたエル(広瀬さん)が、誰かを信じては裏切れられ、傷つけられ、襲いかかる運命に翻弄されながら波乱の人生を綴った物語。愛を探し求め続けたエルを、幼馴染で絵描きのオヴェスはずっと想い続けるのだが、エルのある選択をきっかけに、ふたりは離れ離れになってしまう。

先日行われた完成披露上映会で一足早く本作を観た広瀬さんの兄も「Acid Black Cherry」の大ファンだという。感想を聞いたという広瀬さんは、「普通に『よかったよ』って言ってもらえました(笑)」と照れながら、今回舞台でyasuさんと交流したことについて、「今日、超自慢します! 本当にうれしいです」と、この日一番の笑顔を見せた。しかし、締めの挨拶では一転、広瀬さんの涙腺がゆるみ言葉が詰まる場面も。広瀬さんは、「この作品は、撮影に入る前から本当にプレッシャーで。それでも自分の中で挑戦として頑張りたいなと思いました。この作品で自分が大きく成長したなって自分でも思うときがたくさんあって。この瞬間を大切にしたいと思いながら作った作品です」と、作品に込めた思いを自身の言葉で表現した。

『L-エル-』は全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top