健太郎、広瀬すずに片想い!? 竜星涼&森川葵ら『先生!』第2弾キャスト解禁

映画

『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』キャラクター相関図 (C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
生田斗真と広瀬すずを迎え、累計発行部数570万部突破の大ヒットコミックを実写映画化する『先生!』。このほど、1週間以上にも及ぶ地方ロケが無事に終了したばかりの本作の豪華第2弾キャスト陣が明らかになった。

「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」。高校二年生の島田響は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優しかった。そんな優しさに触れ、伊藤を“好き”だと自覚した響は、一直線に恋に走りだすが――。

1996年から2003年まで「別冊マーガレッド」で長期連載され、いまなお根強い人気を誇る河原和音の同名少女コミックを、『僕等がいた』『青空エール』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。このほど、5年ぶりに王道ラブストーリーに主演する主人公の教師・伊藤貢作役の生田さん、伊藤に人生初めての恋をしてしまう女子高生、島田響役に扮する広瀬さんに続く、最旬豪華キャストが発表された。

まず、広瀬さん演じる響の親友で、響が所属する南高弓道部の部長・川合浩介役には、『orange -オレンジ-』『泣き虫ピエロの結婚式』など映画・ドラマで活躍する竜星涼。生田さん演じる伊藤に恋する響の味方であり、自身は美術教師の中島幸子(比嘉愛未)へ恋心を抱く、という役どころ。

響の親友で、おなじく南高弓道部員の千草恵役には、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』『金メダル男』など今年も話題作に立て続けに出演、2017年は野村萬斎・主演『花戦さ』でヒロインを務めるなど演技力に定評がある森川葵。惚れやすく、好きな人がころころと変わるが、好きになると一途な一面も。浩介と同じく響の味方として、伊藤との恋を応援する。

また、響たちが通う南高と同じ地区の北高弓道部のエース、藤岡勇輔役には、『俺物語!!』『ミュージアム』『14の夜』に出演、2017年3月公開の『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』でも広瀬さんと競演するネクストブレイク必至の若手俳優、健太郎。弓道部の大会を通じて出会った響に密かに恋心を抱く、という注目のキャラクターを演じる。

さらに、伊藤の同僚である関矢先生役には、『星が丘ワンダーランド』では主演を務め、「闇金ウシジマくんSeason3」での怪演も話題を呼び、『愚行録』『3月のライオン』の出演も控える中村倫也。美術教師の中島に気があり、積極的にアプローチをするも、体よくあしらわれている。

その中島幸子役には、三木監督と「back number」の楽曲「僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」を元にしたショートフィルムでもタッグを組み、今年は主演映画『カノン』が公開された比嘉愛未。浩介からのアプローチを初めは受け流しつつも、次第にその気持ちに真摯に向き合っていくのだが…。

“誰もが誰かを想ってる”青春純愛ストーリーに、ますます期待が高まる最旬キャストの活躍に期待していて。

<以下、キャストコメント>
◆竜星涼(川合浩介役)
人を想い恋することのせつなさと輝きを純粋に描いたこの作品に出演できること、とてもワクワクしています。浩介の内に秘めた熱さを繊細に美しく表現して伊藤と響、中島と浩介のコントラストが出るよう努めたいと思います。

◆森川葵(千草恵役)
登場人物全員がそれぞれ自分の想いを持っていて、その想いに向き合っていこうとするのに障害によって阻まれてしまう、しかし愛の力で乗り越えていくという愛の力って強いなと感じる台本でした。そんな愛の力を私は作品へ向け撮影を乗り越えられたらと千草と奮闘していきたいと思います。

◆健太郎(藤岡勇輔役)
『先生!』に参加できてとても光栄です。この作品は先生と生徒の恋愛という切なく儚い部分がある物語だと思うのですが、だからこそ生まれるそれぞれの純粋さが浮き彫りになる作品だと思います。そんな中で僕が演じる藤岡は、弓道にも響にもまっすぐで、とても純粋に想う気持ちがある青年なのでそこを大事に演じていきたいです。

◆中村倫也(関矢正人役)
色気のある斗真くん演じる伊藤先生と対照的な、全く色気のない教師を演じようと息巻いております。(笑)小さいころ、大きく見えた滑り台を大人になって見ると「あれ、こんなに小さかったけ?」ってことありますよね。このキラキラと輝く熱く淡い物語に、少しだけ舌触りの良いスパイスを加えられたらと思います。

◆比嘉愛未(中島幸子役)
原作を読ませていただいて、学生時代のキラキラした感覚を思い出しました。この世界観に参加できること、そして三木監督とまたご一緒出来ることが本当に嬉しいです!! 大人だからこそ素直になれない歯がゆさ、若さゆえのひたむきさ、観る人が共感し、心に響く作品創りが出来るよう中島先生を精一杯生きたいと思います。

『先生!』は2017年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top