【予告編】R18指定でも上映ギリギリ!? パク・チャヌク最新作『お嬢さん』解禁

韓流・華流

『オールド・ボーイ』や『イノセント・ガーデン』で知られるパク・チャヌク監督が、「このミステリーがすごい!」第1位を獲得したサラ・ウォーターズ「荊の城」を、韓国を舞台に映画化した最新作『お嬢さん』。このほど、R-18指定でも規制ギリギリという予告編、そしてポスターが初解禁となった。

1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、“伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した土地に建つ屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”は、スッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、秀子は献身的なスッキに次第に心を開いていき…。“お嬢さん”と侍女、詐欺師、大富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか――。

本年度カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、騒然となった本作。複数の登場人物の視点で描かれるサスペンスと、甘美で過激なエロスが、息を飲むような美しい映像で綴られていく。

『オールド・ボーイ』で第57回カンヌ国際映画祭・審査員特別グランプリ、『渇き』で第62回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞、その後の『イノセント・ガーデン』ではハリウッドへ進出したパク・チャヌクの集大成ともいえる本作は、韓国本土では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新し、アメリカ、フランスでも成人指定映画ながら異例のヒットに。

「当時、韓国のインテリたちは日本の帝国主義的支配が永久に続くと思っていました。日本文化を信奉し、溺愛し浸っていたのです」とパク・チャヌク監督が語る通り、本作は、日本語のセリフも多様され、日本パートも一部、三重県で撮影された。卑わいな春画も多用され、彼らの淫靡な趣味も垣間見ることができる。本作の予告編制作にあたっては、官能的なシーン、ベッドシーンのいくつかは映倫と本国韓国によりカットに。その過激で生々しい“本当にヤバイ”シーンの数々は、劇場でしか観られないことになる。


また、本作は賞レースでも大きな注目を集めており、12月4日(現地時間)に発表されたロサンゼルス映画批評家協会賞の外国語映画賞と美術賞を受賞し、韓国映画としては史上初の2冠に輝いた。5月のカンヌ映画祭でも、美術監督のリュ・ソンヒが美術・音響・撮影などで卓越した技術が見られる作品に与えられる「バルカン賞」を韓国人として初めて受賞しており、第41回トロント国際映画祭コンペ部門への進出に続き、ワシントンDC映画批評家協会賞にて外国語映画賞にノミネートされるなど、ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞の外国語映画賞ノミネートに着実に近づいているといえる。米メディア「IndieWire」も「アカデミーが決して見落としてはいけない作品」と大絶賛の声を贈っている。

『お嬢さん』は2017年3月、TOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top