【予告編】ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥら…愛ゆえに傷つけ合う家族に『たかが世界の終わり』

映画

『たかが世界の終わり』 (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
  • 『たかが世界の終わり』 (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
  • 『たかが世界の終わり』 (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
  • 『たかが世界の終わり』 (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
  • 『たかが世界の終わり』 (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
  • 『たかが世界の終わり』 (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
  • 『たかが世界の終わり』 (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
  • グザヴィエ・ドラン/第69回カンヌ国際映画祭授賞式の様子
「若き美しき天才」と称され、映画界のみならず世界のカルチャーシーンに閃光を放つグザヴィエ・ドランが監督を務め、本年度カンヌ国際映画祭グランプリ受賞、アカデミー賞外国語映画賞カナダ代表作品となった『たかが世界の終わり』。このたび11月25日(金)、本作の主演を務めるギャスパ―・ウリエルの誕生日に合わせ、待望の予告編が解禁となった。

2014年、『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭・審査員賞という栄光を手に入れたドラン監督が、今年、同グランプリを獲得した本作。この最新作でドランが切り撮るのは、12年ぶりの息子の帰郷から始まる、ある家族の1日。ドランの才能に引き寄せられて集まったのは、ギャスパー、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイというフランスを代表する一流俳優陣だ。

このたび解禁された予告編では、ドラン監督を中心にその豪華出演陣がカンヌのレッドカーペットを歩いている場面から幕を開ける。自らの死を家族に告げるため、12年の沈黙を破り帰郷する主人公の人気作家ルイ。久しぶりの再会を待ちわびる、母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼いころに別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ2人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、ルイとは初対面の彼の妻カトリーヌ(マリオン・コティヤール)。

なかなか話を切り出せずにいるルイは、家族との久しぶりの団欒を楽しむが、やがて折り合いの悪かったアントワーヌとは言い争いに。ギャスパーの胸ぐらを掴み、怒りに拳を震わせるヴァンサンと泣き叫ぶレアが印象的だ。だが、ナタリー演じる母の眼差しは、何もかもを見通しているようにも見える。


愛と葛藤に常に真摯に向き合い、鮮烈な映像で描き続けてきたドランは、命の終わりを告げに来た息子を取り巻く家族の愛をどう描くのか。豪華俳優の競演で贈る、愛するゆえに傷つけ合う家族たちを、まずはこちらから覗いてみて。

『たかが世界の終わり』は2017年2月11日(土)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA 、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top