日本の汁文化を見つめなおす 和のスープストックトーキョー「おだし東京」オープン!

最新ニュース

おだし東京 8種のおだしと真鯛のお椀
  • おだし東京 8種のおだしと真鯛のお椀
  • おだし東京 檸檬すき焼き
  • おだし東京 鱸のパイ焼きとブロッコリーのすり流し
  • おだし東京 二重牛だしのみぞれ椀
  • おだし東京 はかた一番どりのお粥
  • 和のスープストックトーキョー「おだし東京」 店舗イメージ
「食べるスープ」をコンセプトにしたスープ専門店「スープストックトーキョー」が、和のスープストックトーキョー「おだし東京」を12月12日(月)、エキュート品川 サウスにオープン。

和食のベースとなる出汁にフォーカスし、日本の食の知恵を改めて見つめなおす「おだし東京」では、味噌汁、おかゆ、鍋、おでん、郷土汁など、日本の汁に独創性を加えた商品ラインナップを展開。

朝7時~10時までは、「はかた一番どりのお粥(朝)」と「オマール海老の味噌汁」を580円で提供。10時~23時までは、「おだし東京」を代表するメニュー「8種のおだしと真鯛のお椀」(1,180円)をはじめ、「鱸のパイ焼きとブロッコリーのすり流し」(980円)、「二重(かさね)牛だしのみぞれ椀」(1,180円)、また鍋メニューに「檸檬すき焼き」(1,480円)がある。お椀のメニューには、すべて俵のおむすびと、小鉢が付く。(朝のメニューを除く)

「8種のおだしと真鯛のお椀」は、かつお、昆布、しいたけなどでとった和風だし、フォン・ド・ボー、フュメ・ド・コキーユなどフランス料理に使われるだしに加え、鶏白湯などの中華だしを贅沢に8種類掛け合わせたお椀に、柔らかく炊いた大ぶりな大根と、愛媛県産真鯛の煮つけを添えた一品。

これからの季節にもぴったり。日本人ならではの旨みの感覚を呼び覚ます絶品“汁”に出会いたい。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top