生田“サンタ”登場に大阪3千人が大絶叫! 「“狼煙”をぶち上げに来ました」

最新ニュース

『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (C)高橋のぼる・小学館
  • 『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (C)高橋のぼる・小学館
  • 『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (C)高橋のぼる・小学館
12月23日(金・祝)に公開となった、シリーズ第2弾となる『土竜の唄 香港狂騒曲』の大阪イベントが25日(日)行われ、主演の生田斗真と三池崇史監督が登場した。

“裸ボンネット”で強烈なインパクトを残した前作『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』。続編となる本作では、原作でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を実写化し、主演は生田さんのまま、仲里依紗、上地雄輔、堤真一らも続投。さらに瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒ら豪華新キャストも参加している。

先日24日(土)には、豪華キャスト一同が会する公開を記念した舞台挨拶が行われ大盛り上がりとなったが、クリスマスのこの日、生田さんと三池監督が訪れたのは、本作に所縁のある大阪。本作の冒頭シーンは、生田さん演じる玲二が全裸でヘリコプターに吊るされ、大阪の上空を連れまわされる…という観客の目を釘付けにするシーンとなっており、その最も“土竜の唄らしさ”が描かれたのが大阪の地だ。

そして会場となったのは、玲二が舞った大阪の“空”にちなんで、いま大阪で大人気の万博記念公園内の大型複合施設「EXPO CITY」の屋外イベントスペース、“空の広場”。事前募集した約500名のファンと、会場の熱気につられた一般客が外周を囲み、気温10度以下の寒空の中、なんとイベント開始直前には3,000人もの見物者が集まりごった返し状態に。

そんな中、突然の爆音が響かせサンタクロースと見紛うほどの赤いコートに身を包んだ生田さんと三池監督が華麗に登場! ランボルギーニ社の高級外車を乗り付け、セクシーなミニスカサンタギャルを従え、大きな白い袋を担いだ生田さんたちは、まさにド派手なソリに乗ったサンタクロースのよう。そして、大阪にちなんだ“飴ちゃん”をクリスマスプレゼントとして配り歩いた。

生田さんは「本日はクリスマスの日にこんなにたくさんお集まり頂き、本当にありがとうございました。ご期待に添えるくらいのド派手な登場をして皆様にお会い出来て嬉しいです。大阪の地に、“狼煙”をぶち上げに来ました」と挨拶。そして、東京での舞台挨拶後は「古田新太さんや本田翼さんたちと昼から打ちあがりました。楽しいクリスマスイブを過ごせました」と明かし、「そんな日と続けて今日、こうして皆様と過ごせるので“土竜三昧”のクリスマスも良いですね」と今年のクリスマスをふり返った。一方、三池監督は「ここは昔よく彼女と遊びに来たんですよ。思い出の地に戻って来れて嬉しいです」と大胆なエピソードも。

また「生田斗真の全開が見られる作品ですよ!」と本作について語る三池監督。生田さんは「今作はアクションが非常に多くて、毎日筋肉痛で、治る前にまた別の敵と戦う、という日々でした」と撮影をふり返り、「とにかく“お祭り”のような作品なので、2016年、嫌なことや苦しいことがあった人も多いと思いますので、ぜひこの作品を観て全てを吹き飛ばしてください! そして2017年を景気よくスタートして頂きたいです!」とメッセージを贈った。

『土竜の唄 香港狂騒曲』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top