坂口健太郎&中島裕翔&山崎賢人…2017年は“一途男子”がブームに!?

映画

『君と100回目の恋』(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
  • 『君と100回目の恋』(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
  • 『君と100回目の恋』(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
  • 『僕らのごはんは明日で待ってる』(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会
  • 『僕らのごはんは明日で待ってる』(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会
  • 『僕らのごはんは明日で待ってる』(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会
  • 『君と100回目の恋』(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
  • 『君と100回目の恋』(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
  • 『君と100回目の恋』(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会
思い返せば2016年、『黒崎くんの言いなりになんてならない』『オオカミ少女と黒王子』『MARS~ただ、君を愛してる~』『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『四月は君の嘘』『溺れるナイフ』など胸キュン映画の公開が相次ぎ、10~20代の女性を中心に人気を集め大ヒットが続いた。

2017年も胸キュン映画の公開が数多く控える中、これまでとは少し違った視点の映画が登場している。それは、ずばり“一途男子”による胸キュン映画! これまではヒロインがイケメンに恋をし、“ドS王子”に振り回されたり、三角関係になったりと、さまざまな形の恋が繰り広げられてきたが、2017年公開映画では、男子が一途に彼女を想うことにフィーチャーされた映画が多く見受けられる。

まずは、新年早々の1月7日(土)公開となる『僕らのごはんは明日で待ってる』。ラブストーリー初挑戦となる「Hey! Say! JUMP」中島裕翔が、無口でネガティブな主人公・葉山亮太を演じ、太陽のように明るく超ポジティブなヒロイン・上村小春(新木優子)を“一途”に想い続けた7年越しの恋が描かれる。瀬尾まいこの同名ロングセラー恋愛小説を基に、『箱入り息子の恋』の市井昌秀が監督&脚本を手掛ける“うるキュン”の青春ラブストーリーだ。

『僕らのごはんは明日で待ってる』(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

また、2月4日(土)公開『君と100回目の恋』は、人気シンガーのmiwaとギターに初挑戦した坂口健太郎のW主演で贈る、歌姫“一途男子”のオリジナル恋愛映画。miwaさん演じる大学生の葵海を事故から救うため、坂口さん演じる幼なじみの陸がすべてをかけて何度もタイムリープを繰り返すというストーリーだ。頭ポン、腕グイ、脚立越しのキスなど、2人の胸キュンシーンが満載で、先日行われた完成披露試写では胸キュンシーンのたびに歓声があがるほど。しかし、最後には号泣している観客が続出したそうで、坂口さんが体現する“一途男子”には胸打たれること間違いなし。

『君と100回目の恋』(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会

そして、2月18日(土)公開の『一週間フレンズ。』は葉月抹茶によるベストセラーコミックを映画化。一週間で友だちの記憶だけを失ってしまう記憶障害を持つ藤宮香織(川口春奈)に恋をし、何度断られても「友だちになってください」とアプローチするクラスメート・長谷祐樹を演じるのは、“胸キュンの帝王”山崎賢人。そんな2人は交換日記を始め、少しずつ距離を縮めていくのだが…。“一週間で友だちの記憶をなくしてしまう彼女”と“そんな彼女と友だちになると決めた彼”の恋を描くピュア・ラブストーリーに注目だ。

『一週間フレンズ。』(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

どんな女性も、相手から一途に想われたい願望はあるもの。坂口さんをはじめ、こんなイケメンたちが一途に想ってくれるなんて…と妄想は広がるばかり。2017年は、“ドS男子”や“ギャップ男子”に代わる “一途男子”に目が離せない!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top