スパイダーマン新スーツはトニー・スターク製!その秘密が明らかに

映画

『スパイダーマン:ホームカミング』(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.
  • 『スパイダーマン:ホームカミング』(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.
  • 『スパイダーマン:ホームカミング』(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.
  • 『スパイダーマン:ホームカミング』(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.
  • トム・ホランド
  • ロバート・ダウニーJr.-(C)Getty Images
新星トム・ホランドを主演に迎え、大人気ヒーローがスクリーンに帰ってくる『スパイダーマン:ホームカミング』。このほど、日本“初解禁”となる場面写真とともに、新スパイダーマン・スーツの全容がわかる映像が本国のTwitterアカウントによって明らかにされた。

主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるのは、20歳の英国俳優トム・ホランド。昨年、東京コミコンで来日したスパイダーマンの生みの親スタン・リーには「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどで、すでに世界中から人気と期待を集めている。また、トニー・スターク/アイアンマン役としてロバート・ダウニー・Jrも登場する一方、スパイダーマンが対峙する敵ヴァルチャーを演じるのは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『スポットライト 世紀のスクープ』などで知られるマイケル・キートン。そして、ピーターの叔母であるメイおばさん役には『レスラー』『Re:LIFE~リライフ~』のマリサ・トメイ。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に加わった若きスパイダーマンを、ベテラン勢が支える。

今回解禁となった新スパイダーマン・スーツの解説映像では、「DESIGNED BY TONY STARK FOR PETER PARKER(デザイン by トニー・スターク for ピーター・パーカー)」と、15歳の高校生ピーターを“真のヒーロー”スパイダーマンへと導こうとする師匠ともいうべきトニー・スタークが、ピーターへ新しいスーツを贈ったことが表明されている。

天才発明家でもあるスタークが作ったスーツには、最先端のテクノロジーが活かされている。スパイダーマンの代名詞にして最大の武器でもあるウェブ・シューターに「SELECTABLE WEB TYPES (ウェブ・タイプをセレクトできる=セレクタブル)、「LASER TARGETING SYSTEM(レーザー・ターゲティング・システム)」なる新たな機能が備わったことが紹介されている。

さらには、ビルから飛び降りる際にムササビのように羽を広げ飛ぶことができる新スペック「WEB WINGS (ウェブ・ウィングス)」はスパイダーマンシリーズに新登場。この機能は、本作で登場するヴィラン・怪鳥ヴァルチャーとの対決の際に重要なカギを握る機能となりそうだ。また、右腕に搭載された敵の位置情報を確認するためであろう「GPS TRACKING SYSTEM(GPSトラッキング・システム)」や、表情が豊かとなったマスクには「EYES ARE EXPRESSIVE(感情を表す目)」の機能がアップグレードされるなど、実際にスクリーンで目にする日が待ちきれないものばかりとなっている。

『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top