小学生男子が喪主の心配!? 広末涼子&森山未來共演でWOWOWシナリオ大賞ドラマ化

最新ニュース

第9回WOWOWシナリオ大賞受賞作 ドラマW「稲垣家の喪主」
  • 第9回WOWOWシナリオ大賞受賞作 ドラマW「稲垣家の喪主」
  • 広末涼子
  • 森山未來
「第9回WOWOWシナリオ大賞」受賞作「稲垣家の喪主」を、『ヒロイン失格』『トリガール』の英勉(はなぶさつとむ)監督が映像化することが決定。WOWOWドラマ史上最年少の金成祐里を主演に広末涼子、森山未來が脇を固め、“喪主”をテーマに描くホームコメディから特報映像が解禁となった。

小学2年生の稲垣宙太(金成さん)は猛烈なあがり症。ある日、ジイジの葬儀のとき、喪主の挨拶で緊張のあまり、しどろもどろになる父親の姿を目の当たりにした宙太は悟る。「ぼくのあがり症は、遺伝だったんだ…」。自分が喪主となって挨拶をするのはまだ先の話、そう思っていた宙太だが、ある事実に気づく。宙太の家には元キャリアウーマンの伯母・杏子(広末さん)と、売れない漫画家の叔父・脩二(森山さん)が同居している。2人は、結婚どころか、そんな相手もおらず、作ろうともしない。このままだと、ぼくが杏子と脩二の喪主もやることになる!? 事の重大さに焦った宙太は、杏子の見合い話が両親のもとに届いたのを千載一遇のチャンスと捉え、自分の誕生日会で2人を引き合わせようとする。さらに脩二には、結婚したはずの同級生の女性が目の前に現われる。果たして、宙太は杏子と脩二を結婚させ、将来、待ち受ける“喪主の挨拶”を回避できるのか――。

毎年WOWOWが実施する「WOWOWシナリオ大賞」。424編から選ばれた第9回受賞作、小山ゴロの脚本「稲垣家の喪主」をドラマ化した本作は、あがり症で悩み、いまから喪主になることを心配する小学2年生の男の子を主人公に、彼を取り巻く伯母、叔父、両親、祖母らが織り成す群像劇。シリアスな良質社会派ドラマを輩出するWOWOWオリジナルドラマの中にあって、笑って泣ける異色のホームコメディとなっている。

オーディションで主人公・稲垣宙太役に大抜擢された金成さんが、少し心配性で心優しい7歳の少年を見事に演じ切った。また、二世帯住宅で同居する元キャリアウーマンで人情が厚い“独身”の伯母役に広末さん、売れない漫画家で少年の心を持った“独身”の叔父役に森山さんら豪華俳優陣が集結。監督は、映画『ヒロイン失格』、2017年9月公開『トリガール!』など、涙あり、笑いありの心温まるコメディに定評のある英さんが務める。

「うれしくて、撮影をするのが待ち遠しかったです!」と堂々としたコメントを寄せるのは、オーディションから大抜擢された金成さん。「広末さんは、杏子さんと(お父さんの)幸太郎さんが喧嘩しているときにスリッパ叩きをしているときが楽しかったです。森山さんはカードゲームの話をしてくれて、話が合った!」と、2人との共演の微笑ましい感想を語る。「(あがり症の)宙太が緊張している顔が面白いです。だけど、たまに緊張しない顔をするときもあって、それが面白いのでぜひ観ください!」と見どころを語っている。

また、宙太の伯母・杏子役の広末さんは、「台本が固まってくるにつれて、(私が演じる)杏子がゴーイングマイウェイな感じがとても強くなったので、家族の関係性もクリアに見えてきて、面白いなと思いました」と自身のキャラクターに言及。見どころは、「主人公の宙太はもちろん、私が演じる杏子も弟の脩二もそれぞれがカッコ悪いところもあったり、悲しいこともあったりしますが、みんなが一生懸命に生きている」ところと語り、「宙太がパパにビールをつぐシーンで、大人たちが台詞の順番を間違えたときに、戸惑いながらビールをつぎに行くところがすごく可愛かったです!」と撮影のエピソードを明かしている。

宙太の叔父・脩二役の森山さんは、「僕が演じる脩二は、職に就かず漫画を描いている人ですけど、売れているわけでもなく(出版社に)持ち込みをするわけでもない、コツコツと書き溜めているだけで、なあなあな感じで漫画を描いている人です。イメージとしては、自身のこだわりを持ち続けている人だけど、上から目線でもなく、卑下しているわけでもない、淡々と、なんとなく生きてきた人だなと思います」と役どころを説明。「本作のようなファミリードラマは最近見ないような気がします」と言い、「いろんな濃いキャラクターを持つ人たちが右往左往して、若干バタつきつつも、最終的に家族に落ち着いていく温かいドラマになっています」と見どころを語っている。

「シナリオ大賞」で選考委員長を務めた映画監督の崔洋一は、「少々、小生意気で小心者の子どもが主人公であり、その家族が彩りと群像劇を構成するのだが、くすりとくる温かい笑いを評価したい」とコメント。

受賞者の小山氏はドラマ化にあたり、二世帯住宅でともに暮らす両親と祖母、伯母、叔父といった宙太の家族に触れ、「この物語を宙太と同じ目線で見つめるとき、仕事も恋愛も残念な伯母と叔父は、ちょっと面倒で厄介な存在だったりします。でも、ぎこちない優しさを持った伯母といると心が温かくなって…純粋な叔父といると何か楽しくて…そんな気持ちにさせられます。この可愛い未来の喪主が、慌てたり、喜んだり、怒ったり、がっかりしたり…そんな姿を笑って、ちょっと泣いて、そんなふうに観ていただけたら嬉しく思います」と期待を込めている。

極度のあがり症の宙太が、将来待ち受けるであろう“喪主”の挨拶という危機を回避するべく伯母と叔父を結婚させるため、子どもながらに奔走する姿を微笑ましく見守ることができそう。宙太を演じる金成さんの等身大の“可愛らしさ”にも注目だ。


第9回WOWOWシナリオ大賞受賞作 ドラマW「稲垣家の喪主」は3月18日(土)22時~WOWOWプライムにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top