『ラ・ラ・ランド』ミュージカル&ラブストーリーの魅力あふれる本ポスター完成!

映画

ライアン・ゴズリング、エマ・ストーンが主演を務め、第74回ゴールデン・グローブ賞(以下GG賞)で史上最多7冠を達成したことも記憶に新しい『ラ・ラ・ランド』。現在公開中の全米では、GG賞後に興収ランキング2位に急浮上している本作から、ミュージカル・エンターテインメントの魅力が詰まった本ポスタービジュアルが解禁となった。

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。ミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながら女優を目指していたが、オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾く、セブことセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて2人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セブが友人キース(ジョン・レジェンド)率いるバンドに加入したことから、2人は少しずつすれ違い始める――。

先日のGG賞にて、ミュージカル/コメディ部門作品賞・主演男優賞・主演女優賞ほか、監督賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞の最多7部門を受賞する歴史的快挙を達成した本作。全米製作者組合(PGA)賞や英国アカデミー賞、全米映画俳優組合(SAG)賞などでも多数ノミネートをされており、いまアカデミー賞に最も近い作品といわれている。

そんな中、解禁となった日本版の本ポスターは、夢見る街“LA”で恋に落ちたエマ演じるミアとライアン演じるセブの姿を中心に、見ているだけで胸が高鳴り、いまにも壮大な音楽にのせて2人が動き出しそうな、華やかで躍動感あふれるデザインに。

青みがかかった幻想的な光とあざやかな色彩、そしてとびきりの音楽で夢追う2人の恋物語を描く本作が、いっそう楽しみになるポスタービジュアルとなっている。来週1月24日(火)に発表されるアカデミー賞ノミネートにも注目だ。

『ラ・ラ・ランド』は2月24日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top