【ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞】三浦春馬、歓喜のスピーチ「仕事をまっとうできるような男に」

最新ニュース

三浦春馬/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 三浦春馬/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 三浦春馬/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 三浦春馬/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 三浦春馬/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
  • 三浦春馬/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式
東京ビックサイトで1月23日(月)より開催されている日本最大のジュエリーの展示会「第28回 国際宝飾展 IJT2017」にて、24日(火)、第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」の表彰式が行われ、受賞した三浦春馬らが登壇した。きらびやかなジュエリーを前に、落ち着かない様子だった三浦さんは、「今日1日でたくさん高価なものをいただき、たくさんのフラッシュを浴びて…こんな壇上に立つことは滅多にありません! ありがとうございます!」と、歓喜の気持ちをスピーチに乗せた。

「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」は、過去1年間を通じて世代別に最もジュエリーが似合う著名人を表彰する。男性部門での受賞となった三浦さんは、2008年に映画『恋空』で日本アカデミー賞新人賞を、2014年に映画『永遠の0』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど、26歳にして実力派俳優としての地位を確立。2016年にはブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の日本人キャスト版で好評を博し、本年はNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演するなど、のりにのっている。

三浦さんは、トロフィーを頭上より高く持ちあげ満面の笑みを見せるなどして、会場を沸かせるパフォーマンスを披露。興奮で切り出したスピーチから一転し、後半は「こうして選出していただいたことは、いままでの自分の功績や去年の働きを気にかけていただいた皆さまがいたからです」と、真面目な面持ちになった。「いままでの自分を支えてくださった皆さま、近くで応援してくれた皆に本当に感謝したいと思います。これからも自分にしっかりと自信を持って、前を向いて自分の仕事をまっとうできるような男になりたいと思います」と、大人の男への加速度を上げていた。

そのほか、中条あやみ(10代部門)、西内まりや(20代部門)、柴咲コウ(30代部門)、石田ゆり子(40代部門)、賀来千香子(50代部門)、桃井かおり(60代以上部門)、福原愛(特別賞女性部門)、内村航平(特別賞男性部門)も受賞となり登壇した。

「第28回 国際宝飾展 IJT2017」は1月26日(木)まで東京ビックサイトにて開催。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top