北川景子、橋本マナミの愛人役は「適材適所」

最新ニュース

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
  • 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
  • 橋本マナミ/『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
  • 北川景子&矢本悠馬/『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
  • 橋爪功/『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
  • 佐々木蔵之介/『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
  • 北川景子/『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
  • 佐々木蔵之介/『破門 ふたりのヤクビョーガミ』初日舞台挨拶
佐々木蔵之介と横山裕(関ジャニ∞)のW主演映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』が1月28日(土)に公開初日を迎え、佐々木さん、横山さんに北川景子、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、矢本悠馬、橋本マナミ、木下ほうか、橋爪功、小林聖太郎監督が舞台挨拶に登壇した。

黒川博行の直木賞受賞小説「破門」の実写化。キレキレイケイケのヤクザとヘタレな建設コンサルタントの凸凹コンビが出資詐欺の映画プロデューサーを追いかけるが、その追走劇は他の組をも巻き込んだ大きなトラブルへと発展し…。

この日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶は、朝7時台に上映が始まった正真正銘の初回上映後に行われ、公開初日に朝イチで劇場に駆け付けた観客に登壇陣一同、感激の面持ち。橋本さんは「ヒットを祈願して(橋爪さん演じる詐欺師)小清水さんが騙し取ったくらいの金額のアクセサリーをつけてきました!」と明かし、会場をわかせる。劇中、小清水に出資した額は3,000万円となっているが…橋本さんは「レンタルですよ」とニッコリ。

この日のトークでは、○と×の札を使って質問に答えるぶっちゃけの質疑応答が行われたが、「やれるならほかの役を演じたかった?」という質問には、矢本さんを除く全員が「×」を掲げ、自身の役に満足していると回答。何かと二宮の世話を焼く従妹の悠紀を演じた北川さんは「女性の役がそもそも少ないですが、マナミちゃんが演じた愛人の役は私にはできない(笑)! あの色気はマナミちゃんにしか出せないので適材適所だと思います」と語る。橋本さんは「愛人は愛人の役でいいのかなと。逆に私が北川さんの役をやると浮いちゃうと思います。適材適所ですね」と笑顔で頷いた。

大阪を舞台にした本作、メインキャストの多くが関西出身だが「東京に魂を売ったと思う?」という問いに、京都出身の佐々木さんが「〇」と回答。「最初に東京着たのは受験のときですが、東京駅から新宿行きたくて聞こうと思ったときに『新宿どこですか?』と標準語が出てへこみました(苦笑)」と初の上京時に既に魂を売っていたと告白し笑いを誘っていた。

最後の質問「またこのメンバーで映画を撮りたい」という問いにはもちろん全員が「〇」! …と思いきや、橋爪さんは「×」を掲げ「え? 新しいところに行った方がええやない? このメンバーでやったらまたこんな感じになるし」と飄々と語る。原作は「疫病神」シリーズとして人気を博しており、映画の続編製作にも期待が寄せられるが、それを聞いた橋爪さんはあっさり「シリーズ化ならやります!」と翻意! 横山さんは「まず、この映画を観ていただいてから。ここからが勝負です!」と力強く語っていた。

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top