【イマ旬!ハリレポ】現地目線!第89回アカデミー賞レースのゆくえ~ノミネートされた主演女優賞候補を分析~

最新ニュース

『エル(原題)』(C)2015 SBS PRODUCTIONS -SBS FILMS- TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION -FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 『エル(原題)』(C)2015 SBS PRODUCTIONS -SBS FILMS- TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION -FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ラビング 愛という名前のふたり』 (C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
米西海岸時間1月24日(火)早朝、ついに今年のアカデミー賞候補のラインナップが発表された。本来であれば前回お約束した「ノミネーションで必ずきそうな俳優 ~女優編~」のはずなのだが、ノミネーション発表済みということで、主演女優賞にノミネートされた5人の女優たちを分析、現地目線のオスカー獲得度を交えてお送りする。

1.レースの大穴!ゴールデン・グローブ賞で女優賞を獲得したフランス人女優
イザベル・ユペール  『エル(原題)』

先日行われたゴールデン・グローブで映画の部ドラマ部門女優賞を受賞し、界隈の下馬評を覆したイザベル・ユペール。その予想外の受賞を皮切りに彼女の勝算が急上昇中。生粋の外国人女優がオスカーを獲得するということはそうそうあることではないものの、いずれの年にも例外はある。今年がその年になるかどうかは見てのお楽しみといったところ。

☆ 現地目線オスカー獲得度: 80%

2.“人種多様性”を掲げるアカデミーの証
ルース・ネッガ  『ラビング 愛という名前のふたり』

まだ人種差別が平然と行われていたころのアメリカで、差別に立ち向かった白人男性と黒人女性のカップルを描いた本作でヒロインを演じたルース・ネッガ。去年は「白人すぎるアカデミー」などと揶揄されたことから、今年は日本の渡辺謙を含む世界各国多人種の著名映画人683名を新メンバーとして招待したアカデミー。加入メンバーの多様性が広がったことから投票にもその結果が反映されたと見え、難しい役柄を見事に演じあげたルースのノミネーション入りとなった。ただ、実際に受賞となると果たしてどうなるか。

☆ 現地目線オスカー獲得度: 20%

3.『ブラック・スワン』以来の再受賞なるか!?
ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

暗殺されたジョン・F. ケネディ元大統領の妻ジャッキーを悲痛なまでに再現したナタリー。ファッションはもちろん、さりげない身のこなしや話し方までジャッキーにそっくりなナタリーの熱演は、まるで今は亡きファーストレディに取り憑かれたかのよう。『ブラック・スワン』での受賞がなければナタリーの主演女優賞はほぼ確実ともいえるほどの名演技だが、今回の主演女優賞レースでは、初めてノミネーションを受けた強力なライバルが控えているため、ナタリー受賞はやや厳しめかも。

☆ 現地目線オスカー獲得度: 50%

4. ゴールデン・グローブ映画女優賞もいただき済み、業界のお気に入り候補!
エマ・ストーン  『ラ・ラ・ランド』

「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでピーター・パーカーの恋のお相手グウェンを演じたときはポップでライトウエイトな女優なのかと思いきや、去年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ではアカデミー助演女優賞候補になったほどの演技派で、話題沸騰中のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』では歌って踊れて演技も抜群という素晴らしい才能の持ちぬし。今年のアカデミー賞レースで先頭を走る有力候補。

☆ 現地目線オスカー獲得度: 85%

5.ハリウッドの女王ふたたび降臨!、はたして実際の受賞はいかに!?
メリル・ストリープ  『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

1977年作品『ジュリア』で映画デビューして以来、ハリウッドを代表する演技力と記録的なアカデミー賞ノミネート回数から、まさに“女王”と呼ばれるにふさわしいメリル・ストリープ。『マダム・フローレンス~』では、実在した“音痴の歌姫”として知られる社交界の大物マダムを好演してくれたメリルだが、これまでの統計から見てドラマディ(コメディタッチの軽めのドラマ)に冷たい感ありのアカデミーなだけに、今回メリルは苦戦を強いられるのでは…?

☆ 現地目線オスカー獲得度: 40%(text:Akemi K. Tosto)
《text:明美・トスト/Akemi Tosto》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top