『ワンダーウーマン』日本公開は8月25日に!ガル・ガドットからコメント到着

映画

ガル・ガドット/『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • ガル・ガドット/『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • 『ワンダーウーマン』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • ガル・ガドット-(C) Getty Images
  • ガル・ガドット-(C)Getty Images
ハーレイ・クイン、デッドプール、そしてドクター・ストレンジといった大人気のキャラクターを抑え、「最も期待されるアメコミキャラクターの実写デビューランキング」(米チケット販売サイトFandangoの調査)でNo.1に輝く『ワンダーウーマン』。その日本公開日が8月25日(金)に決定。ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットと、監督のパティ・ジェンキンスからコメントが到着した。

人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスであり、誰よりも優しく育った最強の女戦士、ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)。ある日、浜辺に不時着したパイロット(クリス・パイン)を助けたことで、彼女の運命は大きく動き出す。人間社会とはじめて触れ合うことで、1人の女性として、また特別なチカラを持つ戦士として、彼女は何に目覚め、誰のためにその力を使うのか――?

このダイアナ・プリンスことワンダーウーマンは、好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、“男性を見たことすらない”という世間知らず。大都会ロンドンを初めて訪れた際には、セクシーすぎるそのコスチュームに男性たちがドギマギしても、自分では気がついていないという女性だ。本作では、ただ強くて優しいだけのヒーローではない、そんなワンダーウーマンの魅力的な一面が描かれている。

ワンダーウーマンを演じるのは、ミス・イスラエルであり、2015年の「世界で最も美しい顔100人」で2位に選出された美貌の女優ガル・ガドット。彼女は「現代においてどんな女性がワンダーウーマンか?」という問いに、「夢を持つ少女、働く女性、世の中のお母さんたち、人々を癒やす女性…いえ、女性なら誰でもワンダーウーマンね。本当にそう思う」と応じ、ヒーローモノのカテゴリだけで見られてしまいがちな『ワンダーウーマン』では、女性が共感できるいくつもの要素がテーマになっていることを明かす。

また、監督のパティ・ジェンキンスを含め、数多くの女性スタッフたちによって製作された本作。監督は「『ほら、女だってこんなことができるのよ!』って必死に売り込む必要がない。ワンダーウーマンはそんな時代を体現するキャラクターだと思う」と語っている。『モンスター』(’03)でシャーリーズ・セロンをアカデミー賞主演女優賞へ導いたジェンキンス監督は、マーベル・スタジオからもオファーがあったといわれている注目の女性監督。そんな彼女が満を持して監督作に選んだのが『ワンダーウーマン』なのだ。この女性監督には、ミス・イスラエルにも選ばれた完璧な美貌を持ち、実際の兵役経験による“圧倒的”アクションセンスも持ち合わせるガルも「かつて少女だった女性こそ、この物語を正しく描ける」と、絶大な信頼をよせている。

「自分の着たいものを着ているだけ」と人間社会を突っ走り、潔くチャーミングなキャラクターと芯のある美しさは、多くの女性たちを励まし、心を鼓舞してくれる存在となるだろう。

『ワンダーウーマン』は8月25日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top