『T2 トレインスポッティング』20年ぶりの再会を果たす仲間たちの場面写真解禁!

映画

『T2 トレインスポッティング』
  • 『T2 トレインスポッティング』
  • 『T2 トレインスポッティング』
  • 『T2 トレインスポッティング』
  • 『T2 トレインスポッティング』
  • 『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル
主演のユアン・マクレガー、ダニー・ボイル監督ら当時のスタッフ&キャストが再結集し、前作の“20年後”を描く『T2 トレインスポッティング』。先日解禁された“期間限定”の日本版予告でも20年ぶりの再会を果たしていた彼らの、前作を彷彿とさせる場面写真が一挙に解禁となった。

スコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げして以来、20年ぶりにオランダから舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー(ロバート・カーライル)。想像通り? モノ分かりのいい大人になれずに荒んだ人生を疾走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とは――?

90年代ポップ・カルチャーの代名詞にして、社会現象まで巻き起こした『トレインスポッティング』のファン待望の続編となる本作。仲間内で山分けするはずだったヤバい大金を持ち逃げして以来、20年ぶりに故郷エディンバラに突如として舞い戻ったマーク・レントンを演じるのは、もちろんユアン・マクレガー。そんな彼に裏切られたのが、「007」オタクで女たらしのシック・ボーイことジョニー・リー・ミラー、アルコール依存症でケンカっぱやいベグビーことロバート・カーライル、レントンと最も仲の良かったヘロイン中毒者のスパッドことユエン・ブレムナーの3人。

なぜ、レントンは20年ぶりに戻ってきたのか? 今回解禁された場面写真は、前作の雰囲気をそのまま受け継ぎつつも、レントンと3人との現在の関係性も伺える内容となっている。

その中で最もレントンに恨みを抱いているであろう人物は、本作では服役中のベグビーだ。前作のラストでレントンの裏切りを知り、ホテルの一室を破壊するほどの怒りをあらわにしていた彼が、“トイレ”でレントンと鉢合わせする瞬間をとらえた1枚が。彼のキレキャラは健在のようだ。

また、悪友シック・ボーイとレントンが部屋の一室で並ぶ場面は、ドラッグでグッタリする“トレスポ”ならではの幻想的シーンを連想させている。そんな2人に加え、家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッドを加えた3人でたたずむのは、前作にも登場した雄大な自然の中にある“あの橋”。「こんな国、クソったれだ!」とレントンが絶叫した橋の上に再び戻ってきた3人。スパッドの腕には黄色い花が抱えられ、これがどんな意味を持つのか、いまからも気になる場面写真となっている。

彼らの再会は、彼らが選ぶ未来にどんな影響をもたらすのか、ますます公開が待ち遠しくなってきた。

『T2 トレインスポッティング』は4月8日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top