トレエン斎藤、アニメ吹替で持ちギャグ「ペ!」披露に米スタジオは動揺

最新ニュース

長編ミュージカルアニメ『SING/シング』日本語吹き替え版の完成報告会見が2月16日(木)、都内で行われ、主演を務める内村光良ら、豪華なキャストが勢ぞろいした。

倒産寸前の劇場を立て直すために、コアラの支配人バスター・ムーンが開催したオーディションで、無名のシンガーたちが夢を追いかける。会見にはバスター・ムーン役の内村さんをはじめ、長澤まさみ(ヤマアラシのアッシュ役)、「トレンディエンジェル」斎藤司(ブタのグンター役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)、 山寺宏一(ネズミのマイク役)、坂本真綾(ブタのロジータ役)、宮野真守(ヒツジのエディ役)が出席した。

ハリウッド映画の吹き替えに初挑戦した内村さんは、「アフレコは毎日が修業のようでした。新鮮さだけを売りに頑張りました!」と初々しいコメント。劇中ではカーリー・レイ・ジェプセンの大ヒット曲「コール・ミー・メイ・ビー」を歌うシーンもあり、「恥ずかしいですね…。これが全国の映画館で上映されるかと思うと、手に汗をかいてしまう」と照れ笑いを浮かべていた。先日発表された「理想の上司」ランキングで、初の男性部門1位に輝いたが、「周りにすごく優秀な人たちがいてくれるおかげで、そう思ってもらえるだけ。今朝も緊張で、ゲリになってしまって…」と恐縮しきりだった。

また、歌って踊れるブタを演じた斎藤さんは、「相当うまくて、アフレコも8時間の予定が2時間で終わってしまった。天才ぶりを発揮しました」と自画自賛。アフレコでは、スタッフの要請で持ちギャグである「ペ!」を盛り込んだと言うが、「(チェックのため)アメリカに送ったら、『ペ!』ってなんだってことになってしまったらしく(笑)。なんとか日本のスタッフさんが、ゴリ押ししてくださった」と秘話を明かしていた。

『SING/シング』は3月17日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top