【特別映像】木村拓哉、圧巻300人斬りシーンが一部公開! 『無限の住人』

映画

『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
『クローズZERO』『土竜の唄』シリーズなどを手掛け、国内外で高い評価を受ける三池崇史が監督を務める『無限の住人』。この度、木村拓哉が演じた主人公・万次のキャラクター映像「WEB限定特別映像:Who is MANJI(万次とは何者だ)」が、本日2月23日「ふ・じ・み」の日に解禁された。

かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い「生きる意味」を失ったとき、謎の老婆に無理やり「永遠の命」を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生、死にたくても死ねない「無限の体」になってしまった。生きるには十分すぎるその時間は、剣術の腕も鈍らせ、彼は永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼をしたいと現れた少女。だがそれは、不死身の万次をも追い込む予想外の戦いの始まりだった――。

木村さん演じる主人公・不死身の用心棒・万次は、規格外の強さを誇っていたが、年月の経過と共にその腕はなまり、斬られれば痛く、致命傷を負うと死ぬこともさえもあるキャラクター。「めんどくせぇ」が口癖で、本当は正義感が強く優しすぎる心根を、ぶっきらぼうな態度と乱暴な言葉で隠すなど、愛すべきヒーローだ。

今回WEB限定で公開された特別映像では、「絶対にくたばらない男」「百人斬り」「血仙蟲」「バケモノ」「用心棒」と万次にまつわるキーワードが次々と映し出され、凜の両親を殺し、流派統一を夢見る“剣客集団・逸刀流”の統主、福士蒼汰演じる天津影久、不死身の万次を死に追い込む男、市川海老蔵演じる閑馬永空など、万次を狙う強敵たちが意味深な言葉を投げかけ登場。「めんどくせぇ」が口癖だった男が、なぜ用心棒を引き受けたのか? 何度斬られても、命を懸けて少女を守り抜くと決めた理由とは? 万次という男は、一体何者なのか…と謎が深まる映像に仕上がっている。さらに、映像ではMIYAVIによる主題歌「Live to Die Another Day - 存在証明 -」もドラマチックに鳴り響いている。


また公式WEBサイトでは、万次のシーン写真を一挙公開。本作の見どころの一つ、1人vs300人のバトルのシーンの一部がお披露目。殺陣などのアクションを手掛けた辻井啓伺は、「万次の『絶対に諦めない』という思いが画面から伝わってくるのは、木村さんの凄さです。そしてアクションの映り方を分かっている。劇中に多くの武器が登場しますが、この武器だったらこういう風に見せるのがいいとか、こう構えたらどうフレームに収まるのかまで考えている」と木村さんを絶賛している。

『無限の住人』は4月29日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top