足立梨花&駿河太郎らが「ゆうばり国際映画祭」ニューウェーブアワードを受賞!

最新ニュース

「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」の受賞者 駿河太郎&足立梨花&静野孔文
  • 「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」の受賞者 駿河太郎&足立梨花&静野孔文
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」
3月2日(木)より開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」。いよいよ開催間近となった本映画祭において、恒例となった「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」の受賞者が発表。男優部門には駿河太郎、女優部門には足立梨花、クリエイター部門にはアニメーション監督・映像演出家の静野孔文が決定した。

同賞は、輝かしい活躍を見せる俳優やクリエイターに対し「新しい波(ニューウェーブ)を起こして欲しい」という気持ちを込めて表彰するものとして設立され、今年で4回目の開催を迎える。過去には東出昌大や勝地涼、松岡茉優や杉咲花、クリエイター部門では宮藤官九郎や土井裕泰らヒットメーカーが受賞。若手もベテランも新たな魅力・才能を見出される貴重な機会として、業界内外から熱い注目を集めている。

男優部門で受賞した駿河さんは、シンガーソングライターtaroとしてメジャーデビューし、音楽活動を経て俳優活動もスタート。連続テレビ小説「カーネーション」や「半沢直樹」などへの出演で注目を集め、最近では『湯を沸かすほどの熱い愛』など話題作にも出演。バイプレーヤーから主演までオファーが絶えない俳優ながら、新しい挑戦を続けていることからさらなる活躍を期待して本賞が贈られることとなった。受賞決定に対し駿河さんは、「39歳にもなろうという私にこの賞を贈ってくれるなんて、なんと有難いことでしょうか。これもゆうばり映画祭のチャレンジ精神の現れなのでしょうか」と喜びのコメントを寄せ、「この賞に恥じぬよう常に挑戦し続ける役者でいれるように、改めて気を引き締め役者道に精進したい」と決意を新たにした。

女優部門で受賞した足立さんは、「営業部長 吉良奈津子」「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」や『好きっていいなよ』『劇場霊』などに出演し、主演映画『傷だらけの悪魔』ではいじめに立ち向かう女子高生役を熱演。女優としても様々な役に挑戦し着実に幅を広げつつあることから、この度本賞の受賞が決定。足立さんは「こんな私が!? というのがこの賞をいただけると聞いたときのリアクションです」と驚き、「こうなったからには、みなさんに認めていただけるよう日々精進してまいります! ライバルや嫌われ役もどんとこいです! あ…たまには普通の役もやらせてください(笑)」とコメントしている。

また、クリエイター部門の受賞者は、最新作『名探偵コナン から紅の恋歌』を始め、数々の劇場版「名探偵コナン」シリーズの監督を手掛ける静野さん。今回は、特にアニメーション分野での活躍を評価され受賞が決定。静野さんは、これまで海外向けタイトルをメインに活動してきたが、「受賞を機に国内作品にも力を入れ、映像演出家としてニューウェーブを巻き起こせるように努力していきたい」と新たな意気込みを語っている。

なお、今回の受賞者3名は3月2日(木)映画祭オープニングセレモニー内で行われる表彰式に参加予定となっている。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は3月2日(木)~6日(月)の期間で開催。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top