長澤まさみ、失恋ソングを熱唱!「挑戦だった」 『SING』本編映像公開

映画

字幕版ではマシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、日本語吹き替え版では内村光良、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守らが個性豊かな動物たちに扮する『SING/シング』。このほど、ヤマアラシのパンクロック少女・アッシュの吹き替えを務める長澤まさみが、本作唯一のオリジナルソング「セット・イット・オール・フリー」を熱唱する本編映像が到着した。

動物だけが暮らす、どこか人間世界と似た世界――取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーン(コアラ)は、かつての栄光を取り戻すため歌のオーディションを開催することに。人生を変えるチャンスを掴むため、個性豊かな動物たちがオーディションに参加する!

すでに世界各国で大ヒット中の本作は、ここ日本でのみ特別に全編吹き替え版の制作が実現。長澤さんが演じるのは、コアラの劇場支配人バスター(内村さん)が開催した歌のオーディションにパンクロッカーの彼氏と一緒に応募したものの、1人だけ合格してしまったことをきっかけに、浮気をされてしまう…というアッシュ。

傷心しながらも迎えた本番のステージで披露するのが、この「セット・イット・オール・フリー」! 失恋を乗り越えようとするアッシュの想いが綴られた、力強い歌詞と爽快サウンドが合わさったロックナンバーで、新旧さまざまな名曲・ヒット曲が使用されている本作の中で、唯一のオリジナル曲。字幕オリジナル版では、自身でもバンド活動を行うスカーレット・ヨハンソンが見事な歌声を披露しているが、長澤さんも、日本語歌詞監修のいしわたり淳治が手掛けた歌詞に乗せ、堂々たる歌声を披露!

長澤さんは、このシーンをふり返り「あまりシャウトするような歌を普段歌わないので、挑戦だったのですが、思いっきり演じてなんとか形になったかなと思います。彼女自身が自分の殻を破って曲を作り上げるというストーリーになっているので、それに自分も気持ちが乗れたかなと思いました」と語り、劇中のアッシュの変化にも影響を受けた様子。また、注目してほしいポイントについて、「アッシュのそのときの気持ちを歌っている歌なので、ただ1つの“歌”という感じではなくて、“セリフ”として見ている人の心に届いたらいいなと思いました」と語っている。

本作では、それぞれ人生を変えるチャンスを掴むため、オーディションを受ける動物たちの姿が描かれているが、長澤さん自身も事務所のオーディションのときに、自己アピールとして歌を歌ったという。「別に得意ではなかったんですが…そこでまんまと音程を外してしまって歌うことの難しさを知りました。そのときの恥ずかしかったなという想いがあったので、歌を上手くなりたいと思い、なんとなく歌ったりしていたら、こういうお仕事をいただけるようになって。苦手なことは克服できるんだなと自分も身をもって感じましたね」と明かす。

『君の名は。』など声優としても活躍し評価も高く、ドラマ「若者たち2014」でリサ・ローブの「Stay」をギター弾き語りで歌い、話題になった長澤さん。本作のアッシュを演じる上で歌唱力と演技力を兼ね備えた人材が必要とされた中、日本語吹き替え版の音楽プロデューサーを務めている蔦谷好位置もキャラクター、歌声共に長澤さんを第一候補で挙げ、制作チームの意見も合致した形で実現した、このキャスティング。その堂々たる歌声を、ここからも確かめてみて。


『SING/シング』は3月17日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top