『トランスフォーマー』スピンオフ、アカデミー賞長編アニメ賞ノミネート監督が手がける

最新ニュース

トラヴィス・ナイト
  • トラヴィス・ナイト
  • トラヴィス・ナイト-(C)Getty Images
トラヴィス・ナイトが『トランスフォーマー』スピンオフ映画『Bumblebee』(原題)の監督を務めるようだ。

今年度アカデミー賞長編アニメ賞にノミネートされていた『Kubo and the Two Strings』(原題)の監督を務めていたナイトは、『Bumblebee』(原題)で自身にとって初となる実写版映画に挑戦することになる。

「Deadline」によると、同作品の脚本はクリスティーナ・ホドソンが手掛けることになるようで、プロデューサー陣にはロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ、スティーブン・スピルバーグ、ハスブロのブライアン・ゴールドナー、スティーブン・デイヴィスらが名を連ねている。

バンブルビーは最強のオートボットではないものの、その恵まれた運や努力、勇気を買われオプティマス・プライムから最も信頼を置かれている存在の1人だ。しかし戦いのダメージから会話能力を失い、メディアから入手した音声を用いてコミュニケ―ションを図るようになっている。

ナイキの創立者フィル・ナイトの息子であるナイト監督は『ザ・ボックストロールズ』『パラノーマン ブライス・ホローの謎』『コララインとボタンの魔女』などを世に送り出したアニメ製作会社ライカの会長兼CEOとしても知られている。

『Bumblebee』(原題)は2018年公開予定となっている一方でベイ監督の『トランスフォーマー/最後の騎士王』は夏、公開予定だ。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top