大塚愛、香里奈主演「嫌われる勇気」に婦人警官役で登場!

最新ニュース

大ベストセラーとなっている岸見一郎、古賀史健の著書を原案に、刑事ドラマに大胆アレンジして描かれる香里奈主演ドラマ「嫌われる勇気」。この度、本作の主題歌「私」を手掛けた大塚愛が、3月9日(木)放送の第9話に出演することが決定。大塚さんが映像作品に出演するのは、2006年公開の『東京フレンズ The Movie』以来、およそ11年ぶりとなる。

香里奈さんが刑事・庵堂蘭子を演じるほか、新人刑事の青山年雄役に「NEWS」の加藤シゲアキ、教授・大文字哲人役に椎名桔平ら豪華キャストが集結する本作。「世界一嫌われている女刑事」蘭子の生き方を通して、「自由、そして幸せになるための勇気」の必要性を問う、アカデミックでシニカル、そして見るだけで「アドラー心理学」を学ぶことができる大人の刑事ドラマだ。

このほど出演が決定したのは、「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」の「PEACH」以来、9年ぶりにドラマ主題歌を手掛けた大塚さん。今回のドラマ出演は、昨年ドラマのポスター撮影現場に大塚さんが訪れた際、ドラマプロデューサーからオファーをしたことが発端。その後、2月にビルボードライブ東京で行われた大塚さんのピアノ弾き語りライブ「AIO PIANO vol.4」に、香里奈さんがサプライズ出演を果たした際に、香里奈さんが改めてオファーをし実現に至った。

香里奈さんからオファーを受けた際には、「木とか電柱の役ならアリかなと思うんですけど(笑)、出ない方がいいんじゃないですかね(笑)」と話していた大塚さん。今回彼女が演じるのは、総務部に所属する婦人警官。蘭子が8係に戻ってきた廊下でぶつかるというシーンで登場するという。

撮影後は、「(私のお芝居のせいで)終わらなかったら、どうしようと思っていた」と胸中を明かした大塚さん。「久しぶりの撮影現場でしたが、やっぱり忍耐力が全てだなぁとあらためて感じました」と感想を語る。そんな大塚さんの姿に香里奈さんは、「逆に、『何か、問題ありましたか?』と聞きたくなるくらい、自然に堂々とされていましたね。むしろ、私の方が失敗しちゃったくらいです(笑)」とコメント。

また婦人警官服初めてだそうで、「どうせなら誰かを逮捕したかったですね(笑)。一本背負いで犯人を投げて、『確保!』みたいな(笑)」とノリノリ。そして「えー、恥ずかしいから見ないで下さい(笑)。ライブのときは、あんなにドラマ出演を嫌がっていたのに、婦人警官の制服を着て、ノリノリで写真を撮ってたじゃん、なんて思われてしまいますね」と笑い、「もし、『嫌われる勇気』のパート2があった際には、今度こそ“木の役”で出演します!」と宣言もしていた。

「嫌われる勇気」は毎週木曜日22時~フジテレビにて放送。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top