高畑充希、向井理の渾身作『いつまた、君と』主題歌を担当「心に残る歌声」

映画

向井理が実の祖母の半生記を企画から立ち上げ映画化する『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』。本作で、女優の高畑充希が邦画実写の主題歌に初挑戦し、彼女が歌う昭和のヒット曲「何日君再来」にのせた予告編とともに本ポスター、追加キャストが解禁となった。

本作は、向井さんが大学生のときに祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版した「何日君再来」が原作。卒寿(90歳)をむかえた祖母にお祝いとしてプレゼントしたものを、向井さん自身が7年前から映画化を熱望して実現させた渾身作だ。

主人公の芦村朋子役を務めるのは、実力派女優・尾野真千子。どんな困難な状況でも常に明るく夫を支える妻を、強さと儚さを絶妙に共存させながら、向井さんの祖母を熱演。また、度重なる不運に見舞われながらも、妻・朋子や子どもたちにとって大黒柱であり続けた夫・芦村吾郎、つまり祖父役を、向井さん自身がこれまでにない多彩な表情を見せながら魅力的に演じている。

そして今回、実力派ぞろいの追加キャストが解禁。81歳となる現代の芦村朋子役には、NHKアナウンサーとして活動後、1963年にドラマ「赤いダイヤ」で女優デビューを果たして以降、数々のドラマ・映画など第一線で活躍し続ける日本を代表する女優・野際陽子。朋子の娘で、理の母親である真美役には、これまで数々の名作ドラマに出演、映画ではヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞の『HANAーBI』をはじめ、『菊次郎の夏』『DOLLS』など北野武監督作品でも知られる岸本加世子。朋子の父・忠役には、一人芝居のスタイルを確立し、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞やゴールデン・アロー賞演劇芸術賞等を受賞、映画『沈黙-サイレンス-』の演技が国内外で絶賛を受けているイッセー尾形。

さらに、朋子の孫・理(向井さん)役は、現役の大学生で本作が本格的な俳優デビューとなる新人の成田偉心が抜擢。向井さん演じる吾郎の先輩で、夫妻の恩人となる高杉幹夫を、NHK連続テレビ小説「カーネーション」やドラマ「半沢直樹」などでの演技が大きな話題を集め、数多くの映画・ドラマ・舞台で活躍する駿河太郎が演じている。

また、その美声でも知られる高畑さんが、日本曲名「いつの日君帰る」として知られる昭和の大ヒット歌謡曲「何日君再来」を、現代版アレンジで歌うことが決定。この曲は朋子と吾郎の初デートの際に流れていた曲で、朋子と吾郎を結ぶ、いわば“運命の愛の歌”。向井さんと高畑さんといえば、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロイン・小橋常子とその叔父・鉄郎を演じた間柄。猪突猛進の常子を温かく(?)見守ってきた鉄郎という立場から、今回は向井さんの企画・出演作品に高畑さんが応じる形で、温かく澄んだ歌声で詩情豊かに歌い上げている。


主題歌の決定は「とても嬉しかった」という高畑さん。「映画の最後に流れる曲なので、映画の余韻をこわさないように歌いたいという気持ちが強かったです」と明かし、「この映画は、向井さんの祖母の手記を向井さんご自身が書き起こして、それをさらに映画にされたということで、純粋にすごいなぁと感じました。私のイメージの向井さんは、すごく熱くて真面目な方です。そんな熱いチャレンジに関われることをとても幸せに思います」とコメント。

向井さんは、「決して簡単な曲ではない『何日君再来』を、ここまで豊かに、そして作品や登場人物を包み込むように歌唱できるのは高畑さんくらいだろう、と試写室の真ん中で思い知らされました。映画の最後に流れるこの歌の素晴らしさで全てが決まる。それくらい映画と歌が調和し、高め合う。余韻に浸るのではなく、映画の一部であると思う程心に残る歌声でした」と手放しで絶賛を贈っている。

『いつまた、君と ~何日君再来~』は6月24日(土)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top