【インタビュー】トム・ヒドルストン 理想の俳優、理想の男へ「やりたいことはもっとある」

最新ニュース

トム・ヒドルストン『キングコング:髑髏島の巨神』
  • トム・ヒドルストン『キングコング:髑髏島の巨神』
  • トム・ヒドルストン『キングコング:髑髏島の巨神』
  • 『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • トム・ヒドルストン『キングコング:髑髏島の巨神』
  • 『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • トム・ヒドルストン『キングコング:髑髏島の巨神』
  • 『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • トム・ヒドルストン『キングコング:髑髏島の巨神』
エレガントな英国紳士。せわしない来日スケジュールの中でもどこかゆったりした空気をまとうトム・ヒドルストンには、この呼び名がよく似合う。だからこそ、彼が『キングコング:髑髏島の巨神』に主演し、未開の島を泥だらけで駆け、モンスターの脅威にさらされると知ったときは意外な気もした。ただし、そこは知性派トム・ヒドルストン。「この映画は確かにジェットコースタームービーだけど、その中に静かなメッセージが込められているんだ」と語り、なるほどと頷かせてくれる。

そもそも、物語の舞台をベトナム戦争終結時とするにあたり、監督のジョーダン・ボート=ロバーツは『地獄の黙示録』の影響を公言。トム演じる主人公ジェームズ・コンラッドの名前も、その原作にあたる「闇の奥」の著者ジョゼフ・コンラッドに由来している。
「ジョン・C・ライリーが演じている兵士ハンク・マーロウも、『闇の奥』の主人公と同じ名前だしね。ジョゼフ・コンラッドは物語の中で、究極の自然と向き合ったとき、文明に浸った人間の脳はどうなるのかを描いている。僕の役名がコンラッドなのは、彼が精神的な目覚めの旅に出かけることを暗示しているんだ。彼は世の中のすべてを見尽くしたと思っているけど、コングに出会い、この世には説明のつかないミステリーがたくさんあることを知る。人類はまだ、地球をちゃんと理解できてはいないのだとね。そんなメッセージが、この映画を芯のある娯楽作にしていると思う」。

『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
そのコンラッドが元英陸軍特殊部隊の精鋭として島の調査隊を率いる中で、キングコングに遭遇。邦題通り“髑髏島の巨神”たるコングを、トムは「男らしい守護者」と表現する。
「でも、誤解されている。だから、僕たちも共感できる。誤解されると、人は傷つくものだからね。破壊的で恐ろしいと思われがちだけど、実際は責任感があって自制もできるコングはすごく魅力的。実は僕の理想も彼に少し似ていて、優しさ、敬意、責任感を持てる人になりたいと常々思っている。いまの世の中では珍しいことだから」。

理想の男を目指すと同時に、理想の俳優の階段を上り続けているトム。コンラッドのようなサバイバルヒーローからマーベル映画の魅力的な悪役、シェイクスピア劇のキャラクターまで、俳優としてやりたいことをやり尽しているのでは? こう問うと、「まだまだ(笑)。やりたいことはもっともっとある」との答えが力強く返ってきた。
「36歳のいま、人生経験もだいぶ豊かになったし、言いたいことも増えた。年齢を重ねて演じられる役もあるしね。僕の俳優人生の中心にはシェイクスピアがあるのだけど、彼はあらゆる世代を理解する作家で、彼の戯曲には様々な年齢の役がある。若い恋人たち、戦う兵士、王、父親、賢者、そして道化。全部演じたいよ(笑)。演じるということは自分の表現に終始するけど、そこには可能性がある。いろいろな感情を持てるし、いろいろな人物になれるんだ。いろいろな人生を掘り下げる考古学者のようでもあるよね。しかも、それぞれの役に象徴すべきものが備わっている。例えばロキは茶目っ気といたずら心、コリオレイナスは怒りの持つ破壊的な力、ヘンリー5世は責任の重圧を象徴している。コンラッドは何かな? 彼はおそらく、自然と人間のつながりを象徴する存在なのだと思う」。

トム・ヒドルストン『キングコング:髑髏島の巨神』
俳優業を「いろいろな人生を掘り下げる考古学者」と例えるだけに、「子どもの頃はインディ・ジョーンズになりたかった(笑)。『ジャングル・ブック』の世界にも憧れたけど」とのこと。「若い頃に観た映画ほど、いまの自分に影響を与えているかもしれない」と続ける。
「『カッコーの巣の上で』はずっと心に残っている作品で、つい最近、飛行機で観返したときも変わらない感動を味わうことができた。『ショーシャンクの空に』も大好きだし、『大脱走』は僕を幸せにしてくれる1本。『日の名残り』や『ヒート』も外せないね。あとは、『メリー・ポピンズ』。あれ、泣けるんだ(笑)。子どもの頃は絵の中に入るシーンが好きだったけど、いまはミスター・バンクスがいい父親になろうと決意するシーンが好き」。

納得の1本から予想外の1本まで様々なタイトルを挙げた後、「『メリー・ポピンズ』は意外だったかな?」とニヤリ。どうやら茶目っ気があるのは、ロキだけではないようだ。
《text:Hikaru Watanabe》

特集

page top