【インタビュー】ニコール・キッドマン「無条件に愛を捧げる」 母として思い込めた役

最新ニュース

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
迷った距離1万キロ、探した時間25年。手がかりは、おぼろげな記憶とGoogle Earth――。

5歳のときインドで迷子になり、オーストラリアに養子に出された男性の驚愕の実話を描く『LION/ライオン ~25年目のただいま~』。第89回アカデミー賞では『ラ・ラ・ランド』『ムーンライト』といった“強敵”がひしめく中、作品賞をはじめ6部門にノミネートされ、大きな注目を集めた。その本作で、主人公サルーの養母を演じて通算4度目の同賞ノミネート(助演では初)を果たしたのが、ニコール・キッドマン。本作に貫かれた、“母の愛”と“故郷への思い”について語ってくれた。

サルーが体験した信じがたい実話を、「脚本を読むまでは知らなかった」とニコール。「脚本を読んで、その後にこれが実話だと聞かされて、すごく驚いたのよ。初めて知ったのは、オーストラリアのエージェントのアン・チャーチル・ブラウンから聞いたときだと思うわ。彼女から電話がきて、『あなたが気に入りそうなすばらしい脚本があるのよ』と言ってきたの」。

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
一方、本作で長編監督デビューを果たしたオーストラリア出身の新鋭ガース・デイヴィスは、「早い段階でスー役にはニコール・キッドマンが適役だとひらめいた。そしたら、ニコールが偶然にも脚本を読んで僕と話したがっていると聞いて驚いたんだ!」とふり返っている。

ニコールもまた、「ガースのことは知っていたの。『トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~』のいくつかのエピソードを監督していたし、私の親しい友人でもある(同ドラマの製作総指揮)ジェーン・カンピオンが彼の才能をほめたたえていたから」と語る。その「トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~」といえば、『ピアノ・レッスン』で知られるカンピオン監督と、本作と同じ『英国王のスピーチ』の製作チームが手がけたミステリードラマで、ゴールデン・グローブ賞やエミー賞を席巻した傑作。ちなみにニコール自身も、シドニーを舞台にした今年スタートのシーズン2に参加している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top