本命はどっち!? クリステン・スチュワートvsブレイク・ライヴリーのWヒロインに注目

映画

『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
  • 『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
昨年のカンヌ国際映画祭を沸かせたウディ・アレン監督最新作『カフェ・ソサエティ』。このほど、ジェシー・アイゼンバーグ演じる主人公ボビーのみならず、観客たちをも魅了する2人のヒロイン、クリステン・スチュワートとブレイク・ライヴリーの場面写真が解禁となった。

大ヒットを記録した『ミッドナイト・イン・パリ』で真夜中のパリに魔法をかけたウディ・アレン監督の最新作は、観る者を黄金時代のハリウッドへと誘うロマンティック・コメディ。時は1930年代、ニューヨークからやってきた世間知らずのボビーと、彼からの求愛に迷うヴェロニカ“愛称ヴォニー”、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカの3人が織りなすもつれた恋を通して、誰しもが共感できる“人生の選択”というテーマを探求していく。

運や偶然にふわふわと流される人間の理想は、儚い夢のごとし。ふた手に分かれた道は“選んだほうが過ち”だったと、後で悔やむのが常。そんな思わず目からウロコが落ちるアレン流の人生観を、ハリウッド、そしてニューヨークを舞台にゴージャスな映像美とともに描き出す。

本作では、人柄もルックスもチャーミングな、ボビーの叔父フィル(スティーヴ・カレル)の秘書ヴェロニカこと“ヴォニー”を演じたクリステン。「ヴォニーには私が持ち合わせていない軽薄な部分がある」と語る。そのため、アレン監督からは「陽気さと軽やかな雰囲気を出すように」と注文があったことを明かし、「この映画には、“もしかして”があふれていて、それが私を愛おしくさせる。なぜなら、それが人生だから」とビター&スウィートな本作のラブ・ストーリーに迫る。

一方、ボビーの前に現れる、美しきもうひとりのヴェロニカを演じたブレイクは、本作で描かれる“愛”について「この脚本で好きなのは、それぞれの登場人物に深く愛されるだけの理由があるところ。愛され方が異なっている。ある人は少し愛され、ある人はとても愛される。特に理由はなくて、気持ちや相性の問題に尽きるわ。愛というのは、誰かがほかの人より優れていることを意味するのではなく、誰があなたの心をよりときめかせるか、ということなのよ」と、意味深に語っている。

愛とは? 人生の選択とは? というテーマについて、それぞれ語るクリステンとブレイク。ボビーにとっての本命は果たしてどちらなのか、気になる2つの恋をキュートな場面写真からもチェックしてみて。

『カフェ・ソサエティ』は5月5日(金・祝)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top