山本美月&真剣佑&永野芽郁、仲良し3ショットを公開!『ピーチガール』

映画

『ピーチガール』オフショット (C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』オフショット (C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』オフショット(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』オフショット(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』(C)2017「ピーチガール」製作委員会 (C)上田美和/講談社
山本美月&伊野尾慧のW主演に、真剣佑、永野芽郁という最旬メンバーで贈る『ピーチガール』。累計発行部数1,300万部超のウルトラヒットコミックの待望の映画化で期待を集める本作から、メインキャストが自ら撮影の合間に撮り下ろした、仲良しオフショット写真が解禁された。

元水泳部の安達もも(山本美月)は、日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生。ももには、とーじ(真剣佑)という中学時代からずっと片思いをしている相手がいた。ところが入学早々、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾慧)にとある勘違いから一方的にキスをされ学校中のうわさになってしまう。

一方、もものクラスメイトの沙絵(永野芽郁)は、色白で男ウケ抜群。でもその本性は、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔! ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う、とーじとカイリの間で、ももの気持ちは激しく揺れ動く。果たして、ももが最後に選ぶのは――?

今回解禁されたのは、山本さん、真剣さん、永野さんが肩を寄せ合う仲良しショットに、制服姿の山本さんと真剣さんのにこやかな2ショット、永野さんが山本さんにあわやキス寸前!? のキラーショットと、3点のオフショット写真。

キャストたちの仲の良さが存分にうかがえる楽しそうな光景に、こちらまで笑顔になってしまうが、実はこの写真は、神徳幸治監督によりメインキャラクターを演じた4人に支給されたスマホで撮影されたもの。わずか1か月の撮影期間で、数か月分の“青春”を表現するためのアイデアとして、オフショット写真を撮影するというミッションを与えられたのだとか。そのほかの撮り下ろし写真は、本編のエンドロールでも一部見ることができ、エンドロールも必見となっている。

さらに、クランクイン1か月前から始まったリハーサルや台本の読み合わせでは、4人が集まると、まずトランプでウォーミングアップをする“トランプ・コミュニケーション”が神徳組でのお約束だったそう! 七並べなどのゲームをしていると自然に雑談が始まり、勝負事になると感情も表に出始め、キャリアや年齢が異なる4人が自然と“同級生感”を作り上げていくことができたという。

5分に1度、恋の事件が巻き起こるノンストップ・ラブストーリーとなる本作。フレッシュなメンバーが贈る青春ストーリーの魅力を、まずはこちらのオフショットから感じてみて。

『ピーチガール』は5月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top