長澤まさみ×松田龍平『散歩する侵略者』がカンヌ「ある視点」部門に正式出品決定!

映画

『散歩する侵略者』(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
  • 『散歩する侵略者』(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
  • 『散歩する侵略者』(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
  • 『散歩する侵略者』(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
9月9日(土)より公開される、黒沢清監督最新作『散歩する侵略者』が、5月17日(水)に開幕する「第70回カンヌ国際映画祭」のある視点部門にて正式出品されることがこのほど決定。監督と本作に出演するキャスト陣からコメントも到着した。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は、毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」。真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは――?

本作は、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」の映画化。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアを基に、日常が異変に巻き込まれていく世界を描いている。キャストには、長澤まさみと松田龍平が夫婦役を演じるほか、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里ら日本映画界を代表する豪華キャストが集結している。

同映画祭では、2001年『回路』で国際批評家連盟賞受賞、2008年『トウキョウソナタ』で「ある視点」部門審査員賞受賞、 2015年『岸辺の旅』で「ある視点」部門監督賞受賞と、3度の栄冠に輝く黒沢監督。本作もすでに高い注目を集めているが、監督は「たぶんこの映画は、ほかの何にも似ていないから選ばれたのでしょう」と語り、「スタッフ、キャスト全員の力が合わさって、初めて強烈な個性が生み出されます。その代表としてカンヌに行きます。みんな、ありがとう」と喜びのコメントを寄せている。

また、長澤さんは「この映画をたくさんの国の方々に見て頂けることを嬉しく感じる反面、ドキドキしている自分もいます」と心境を話し、デビュー作以来のカンヌ映画祭だと言う松田さんは、「最高です。あのとき僕が見たカンヌの景色は、それはそれは刺激的でした。そういう意味でも僕にとって特別な思いがあります。黒沢監督に感謝」と語る。そして長谷川さんも、「念願だった黒沢清作品に出演させていただき、さらにカンヌまで出品できるとは。映画に関わった者としてこんな嬉しいことはありません。観る人によって何色にも染まれるこの映画が、どのように世界を“侵略”していくのか楽しみです」と期待を寄せている。

『散歩する侵略者』は9月9日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top