松坂桃李、朝ドラ「わろてんか」ヒロインの夫役に! 高橋一生&千葉雄大らが出演

最新ニュース

NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見
2017年10月2日(月)より放送がスタートするNHKの連続テレビ小説「わろてんか」の出演者が発表された。先日発表されたヒロイン・藤岡てん役の葵わかなをはじめ、今回の会見には、出演者として松坂桃李、濱田岳、高橋一生、遠藤憲一、鈴木保奈美、竹下景子、千葉雄大、堀田真由、徳永えりが出席。ドラマへの意気込みを語った。

てんの父・藤岡儀兵衛役の遠藤さんは、俳優としての駆け出しの頃、連続テレビ小説のオーディションを何回も受けていたことを告白。「当時はスタッフの人から“朝の顔じゃない”と落とされました」と語り笑いを誘うと、てんの母・しずを演じる鈴木さんは、「日本中のみなさんに藤岡家の一員になりたいなと思ってもらえるような素敵な家族にしていきたい」と笑顔で語った。

てんの兄・新一を演じる千葉さんはこの作品の要素である“笑い”について「生きていく上でとても重要だけど見失いがちなもの。てんちゃんの兄として彼女を見守っていきたい」と抱負を語ると、てんの妹・りん役で朝ドラ初出演となる堀田さんは「2年前は普通の高校生だった自分がこんな華やかな場所に立っていることがとても不思議です」と初々しくいまの心境を明かした。

藤岡家の女中として、てんを支えるトキを演じる徳永さんは、朝ドラへの出演は3度目。そんな彼女は「街中で以前出演したドラマの役名で呼んでくださる方がいまでもいるんです」とコメント。改めてNHK連続テレビ小説の影響力の大きさに感心していた。てんの祖母・ハツを演じる竹下さんは平成22年度の「ゲゲゲの女房」以来の朝ドラ出演。「大変なことも笑って乗り越えられるような力のあるドラマが実現すると思っています」と話すと続けて「ドラマを通じて古典も含めた上方芸能にスポットが当たるのも楽しみ」と期待を語った。

NHK連続テレビ小説初出演となる濱田さんは、今作でヒロインの従兄の武井風太を演じる。濱田さんは「朝ドラに出演することに緊張しつつ、責任も感じています。素敵な朝を届けられるように、すごく真剣に、たくさんふざけて、監督に一回怒鳴られるまではやってみようと思います」と話し笑いを誘った。ヒロインを後押しする青年実業家・伊能栞を演じる高橋さんは「今日の会見の直前に、濱田岳さんから“会見のときにプライベートをバラすぞ!”と脅されたので、自分が何を言うのか忘れてしまったんですけど」と笑いながら裏話を明かしつつも「意欲的なキャストの皆さんとお芝居させていただくのとがとても楽しみです」と真剣な表情で語った。

「梅ちゃん先生」以来5年ぶりの朝ドラ出演となった松坂さんはてんの夫・北村藤吉を演じる。「今回の作品で、これまで培った経験や学んだことを存分に活かして、ヒロインの葵さんを支えたい。彼女に笑い皺がいっぱい増えるくらい、笑わせることができれば」と話し、ヒロインを支える決意を明かした。出演者の発表を受けて、ヒロイン・てんを演じる葵わかなは「こんなに素敵な皆さんと共演できるのが嬉しくもあり、“ついていけるかなぁ”という不安もあるんですけど、一つのチームとして、最後まで笑って走っていきたい」とヒロインとしての意気込みを語った。

5月から撮影がスタートするドラマ「わろてんか」は、第97作目となるNHK連続テレビ小説。明治後期から昭和初期の大阪を舞台に、日本で初めて“笑い”をビジネスにした吉本興業の創業者・吉本せいの半生をモデルに、過酷な時代を“笑い”の力で駆け抜けた人々の生き様を活写する。

平成29年(2017年)度後期 連続テレビ小説 「わろてんか」は2017年10月2日(月)~2018年3月31日(土)全151回放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top