【インタビュー】間宮祥太朗 コミカル演技もハマる個性派「年を取っても味のある役者に」

最新ニュース

間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
  • 間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
  • 間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
  • 『帝一の國』-(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 -(C)古屋兎丸/集英社
  • 間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
  • 間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
  • 間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
  • 『帝一の國』-(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 -(C)古屋兎丸/集英社
  • 間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
ドラマ「ニーチェ先生」では風変わりなコンビニ店員、「お前はまだグンマを知らない」ではグンマを愛する同級生に翻弄される転校生と、コミカルな作品で存在感を発揮してきた間宮祥太朗。日本人離れした濃いめのハンサムであるがゆえか、漫画原作のデフォルメされた役柄でもピタリとはまってしまう。古屋兔丸の同名漫画が原作の映画『帝一の國』でもその持ち味を遺憾なく発揮。日本一の超名門校で一目置かれる“絶対王者”、氷室ローランドを演じている。

『帝一の國』は、生徒会長になることに命をかける主人公・赤場帝一(菅田将暉)をはじめ、とにかく登場人物全員のキャラクターが濃い。「1人1人の個性が強くて、みんながそれぞれ全力」と作品の魅力を語る間宮さん。「最初は『総理大臣になるために、生徒会長を目指す』ということにあそこまで必死になってる姿を見て『そんなに…?』って思うんですけど、見ているうちにこっちもアツくなってくるんです」。

「これは自分も含めて俳優陣がみな思っていることだと思うのですが、全員が役とピッタリなんです」と言う。そんな間宮さんが演じるローランドは、米国の大手自動車メーカーの日本支社長の御曹司で、次期生徒会長の大本命と目されている男。肩まである金髪をなびかせ、王者の風格を漂わせる高校二年生だ。

『帝一の國』-(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 -(C)古屋兎丸/集英社
ローランドの魅力を、間宮さんは「純粋さ」だと分析する。「とにかく真っすぐ。ローランドって、何かを成すために生徒会長になって、総理大臣になって…と考えているわけじゃなくて、要はケンカで負けたくない、誰にも負けずに一番になりたい! っていう結構幼稚な発想で動いてるんです。でも、その裏には親友との『2人でテッペンに上ろう』という約束があったりして、それに対してとにかくまっすぐなところが魅力なのかなと思っています」。

完璧な“絶対王者”ではなく、幼稚さや弱さを併せ持った人間くさい部分がローランドにはある。間宮さん自身の弱さはどこかと聞いてみると、「寂しがり屋」という答えが返ってきた。「あんまり1人でいたい時間ってないんですよ。なので、仕事が終わってまだ夜7時くらいで、明日の朝も早くないなってなると、友達に連絡して飲みに行ったりしますね」。
《text:Rie Nitta/photo:Nahoko Suzuki》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top