【予告編】満島ひかり、永山絢斗との愛は奄美島唄そのもの…『海辺の生と死』

映画

『海辺の生と死』(C)2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』(C)2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
  • 『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
満島ひかりが『夏の終り』以来、4年ぶりに単独主演を務める『海辺の生と死』。作家・島尾敏雄の私小説「死の棘」のモデルにもなった若き日の妻・ミホとの愛を、満島さんと永山絢斗の共演で描く本作から、待望の予告編が解禁となった。

傑作「死の棘」を世に放った小説家・島尾敏雄と、その妻、島尾ミホ。時は、太平洋戦争末期、2人が出会ったのは自然と神と人とが共存し、圧倒的な生命力をたたえる奄美群島・加計呂麻島。男はじりじりと特攻艇の出撃命令を待ち、女はただどこまでも一緒にいたいと願った。たとえ、それが死を意味するとしても――。

後年、互いに小説家である2人がそれぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、実際に加計呂麻島でのオールロケを敢行し、完全映画化を果たした本作。ミホをモデルにしたヒロイン・大平トエを演じるのは、映画『愚行録』やドラマ「カルテット」での好演も記憶に新しい満島さん。また、敏雄をモデルにしたトエの恋人の朔(さく)中尉を演じるのは、先のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインの夫役を演じた永山さん。

今回の予告編では、この2人の出会いとともに、戦時下ではありながらもお互いに惹かれあう恋の切なさ、特攻命令による“別れ”の予感を感じさせている。奄美の深い緑の森で初めて言葉を交わす2人、愛を伝えあう波音が激しく響く浜辺など、思わず引き込まれる映像に加え、豊かな音で抑揚を聞かせる満島さんの奄美言葉は、懐かしさや温かさにあふれた不思議な感覚をもたらしている。

さらに注目すべきは、映画本編でも特に印象的な満島さんが歌う奄美島唄。島の娘であるトエと、本州(内地)からやってきた若い将校・朔との恋は、奄美に古くから伝わる、“内地の男との恋は必ず女に涙をもたらす”という悲しい島唄の世界そのもの。2人を待ち受けるはかなくも美しい運命を、満島さん演じるトエが歌う島唄が切なく彩っている。


戦争という非常時のもと、どうしようもなく惹かれあう2人の恋の始まりの日々を綴じ込めた本作。奄美の海辺で想いを寄せ合う2人の恋を、ここから確かめてみて。

『海辺の生と死』は7月29日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top