米倉涼子、「シカゴ」ニューヨーク公演に向け気合十分「最後と思ってやっている」

最新ニュース

米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
  • 米倉涼子/「シカゴ」公開稽古
米倉涼子が2012年以来となるニューヨーク・ブロードウェイでのミュージカルに挑む「シカゴ」の都内スタジオでの稽古の模様が5月18日(木)、報道陣に公開され、歌唱とダンスを披露すると共に、公演に向けての意気込みを語った。

ニューヨーク・ブロードウェイでの初演から昨年11月で20年を迎えた「シカゴ」。愛人を殺害し、服役したロキシーがマスコミや世論を巧みに味方につけつつ、スターとなっていくさまを描く。米倉さんは2008年に本作の日本公演に参加し、2012年にはブロードウェイデビューを飾った。今回、ニューヨーク公演に加え、8月には日本での公演も行われる。

この日は、一躍スターダムに上り詰めたロキシーが、自らの過去と夢を語りつつ、喜びを歌いあげる「Roxie」、自らの妊娠をマスコミに宣言し、メディアの寵児として(想像上の)赤ちゃんとのデュエットで歌う「Me and My Baby」、そして本編最後の楽曲で、いまを生きる女性の喜びを力強く歌う「Noadays-Hot Honey Rag」を披露した。

前回のブロードウェイ公演から5年の歳月で落ちた筋肉を、今回のためにもう一度、鍛え直したという米倉さん。「足とお尻も大きくなって(笑)、舞台の練習をしていると『生きてるな』という感覚があって、貴重な時間です」と充実した表情を見せる。

2012年以来となるニューヨークの舞台に向けて「5年前は、あそこに立った時点で『日本人、アジア人としてここに立てたのはすごいこと』と言われて嬉しかったんですが、今回は初めてではないので『変わらないね』じゃなく、5年分の歳はとっているけど(苦笑)、その経験をパフォーマンスに生かせていると思ってもらえるようにしたい」と意気込む。

日本を離れての“アウェー”での戦いとなるが「ミュージカルをやるってこと自体が私にとってはアウェー(笑)。宝くじに当たったような特別な感じで、『シカゴ』に携われていることは、本当にすごいこと」と余計なプレッシャーは感じていないよう。

8月には日本での凱旋公演も控えるが「今回で最後かもしれないし、そう思ってやってます。私の思いを全部、お届けするつもり」と気合十分。「(2008年の初参加から)10年くらい経っちゃいましたが、『いつまでも掴んだこの手を離したくない!』という思いはずっとあったし、『また次もやりたい』という気持ちだった」と本作、そしてブロードウェイへの強い思いを改めて口にした。

「なぜ20年もこの作品が続けられるのか? 肌と心で感じてもらいたい。それだけです」と幕開けを待ちわびる観客にメッセージを送った。

7月のブロードウェイ公演に続き、「シカゴ」20周年記念ジャパン・ツアーは8月2日(水)より東急シアターオーブにて開幕する。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top