山崎賢人×広瀬アリス『氷菓』初映像!覆面デュオ「イトヲカシ」が主題歌

映画

山崎賢人と広瀬アリスという注目のキャストで、学園ミステリー「古典部シリーズ」を初めて実写映画化する『氷菓』。このほど、初の映像となる特報とポスターが公開。さらに、メディアには素顔を明かさないデュオ「イトヲカシ」が、本作のために書き下ろした青春100%の主題歌「アイオライト」も初お披露目された。

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校1年生、折木奉太郎(山崎賢人)。神山高校でも安穏とした“灰色の高校生活”を送るつもりだったが、姉の命令で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきたのが、お嬢さま・千反田える(広瀬アリス)。ひとたび「わたし、気になります!」となれば、誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるに巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。そんなある日、奉太郎はえるから、33年前に起きたある事件の謎を解き明かしてほしいと依頼される。旧友の福部里志(岡山天音)、伊原摩耶花(小島藤子)も加わり、神谷高校・新生古典部として活動を開始した彼らは、事件の真相へと迫ってゆくが…。

累計220万部突破、ミステリーランキング3冠を誇る米澤穂信による学園ミステリー小説シリーズを、初めて実写映画化した本作。山崎さん、広瀬さんに、NHK朝ドラ「ひよっこ」で乙女寮の幸子を好演した小島藤子、同じく「ひよっこ」で漫画家志望の青年・啓輔を軽妙に演じている岡山天音が加わり、1冊の文集「氷菓」が導く学園史から消された事件の謎を追う。

届いた特報映像からは、「わたし、気になります!」と瞳を輝かせる“好奇心MAXのお嬢様”・えるに振り回されっぱなしの、“IQ未知数の省エネ男子”・奉太郎の高校生活の一端を確認できる。やがて、そんな奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼にある依頼をするが、それは33年前に学園で起きたある事件へとつながっていた。彼らは、33年前に発行された古典部文集「氷菓」と歴史ある学園祭に秘められた真実を解き明かそうとするが…。


そんな本作の主題歌を担当するのは、「イトヲカシ」。伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)による2人組音楽ユニットで、2011年の活動開始より動画共有サイトにおいてその歌声とメロディセンスが大きな話題を呼んでいた。昨冬には、ネスレ「キットカット」2017年度受験生応援アーティストに任命され、応援歌「さいごまで」を書き下ろし。その楽曲は、河合塾 2017年度CMタイアップソングともなり、全国のラジオステーション29局でパワープレイに決定、ビルボードJAPANラジオチャート1位も獲得した。

今回の主題歌に際し、「自分たちの高校生活も、きっと音楽がなかったら灰色の世界に埋もれていたんじゃないか。奉太郎の気持ちに寄り添って制作しました。作品に華を添えられたら幸いです!」とコメント。

イマ旬のフレッシュなキャストたちの競演を盛り上げる主題歌にも、ぜひ注目してみて。

『氷菓』は11月3日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top