【インタビュー】キアヌ・リーブス 美しいアクションの裏に光る努力「求めるレベル以上を目指したい」

最新ニュース

チャド・スタエルスキ監督&キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』
  • チャド・スタエルスキ監督&キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』
  • キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』
  • チャド・スタエルスキ監督『ジョン・ウィック:チャプター2』
  • 投げ技からの打撃を決めるジョン・ウィック/『ジョン・ウィック:チャプター2』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise
  • キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』
  • 『ジョン・ウィック:チャプター2』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise
  • 『ジョン・ウィック:チャプター2』(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights
  • キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』
若い頃のキアヌ・リーブスは、溜め息がもれるほど美しかった。そして50代を迎えたいまのキアヌは、“大人の男”の色気を纏い、これまで以上に私たちを魅了する。彼の新作『ジョン・ウィック:チャプター2』は、伝説の殺し屋の映画、アクション&銃撃戦満載の映画──というと男性向けの映画に聞こえるかもしれないが、実は女性にこそおすすめ。1作目では、大切な存在を奪われてしまった男の“愛”の復讐劇だった。2作目は、大切な想い出を奪われて、ふたたび愛のために、信念のために戦うことに…。シリーズ2作目となる『ジョン・ウィック:チャプター2』について、主演のキアヌと監督のチャド・スタエルスキが語る。

『スピード』や『マトリックス』シリーズで観たことのないアクションに挑戦してきたキアヌ。この『ジョン・ウィック』シリーズでは、これまでの経験をフル活用するだけでなく、とんでもない進化を遂げている。銃とカンフーを組み合わせたガン・フーをはじめ、ナイ・フー、カー・フー、柔道、柔術など、次から次へと新しいアクションを身につけ監督を驚かせる。

『ジョン・ウィック:チャプター2』(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights
「キアヌは1作目以上にレベルアップしている。武器もマーシャルアーツもカースタントも、かなりの時間をさいて訓練して新しいスキルを身につけてくれた。本当にスゴいよ!」と大絶賛する。一方、キアヌは、「ジョン・ウィックの世界観をより広げたい」という監督の強い意志に応えることが原動力になった。

「チャドから最高のチャンスを与えてもらって撮影は本当に楽しかった。でも、彼が目指しているレベルは非常に高い。彼が求めているレベル以上を目指したいのに、それができない、応えられない、そういうときが一番つらかった。たとえば、銃のリロード(装填)とかだね。(利き手の)反対側の手でもできたらよかったんだけど…」と、自らに課しているものが大きすぎる!
《text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top