山田孝之、一切出演せず映画プロデュース!『デイアンドナイト』2018年公開

映画

山田孝之&阿部進之介
  • 山田孝之&阿部進之介
  • 阿部進之介
  • 山田孝之
数々の映画・ドラマに出演する山田孝之がプロデュースする作品『デイアンドナイト』が、阿部進之介を主演に迎え製作されることが決定。先日自身が主演&プロデュースを務める『ハード・コア』の製作が発表されたばかりだが、今回山田さんは一切出演せず、裏方に徹底。11月より撮影開始され、公開は2018年を予定しているという。

父が自殺をし、明石幸次(阿部進之介)は実家に帰ってきた。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊の危機に陥っていた。そんな明石に、児童養護施設で働く男・北村が手を差し伸べる。子どもを守るためなら犯罪も厭わない風変りな北村に魅せられた明石はやがて復讐に目覚め、善意と悪意は交差していく…。

本作のテーマは、「人間の善悪とは」。自分の定義する善悪によって翻弄される人間を描き、観る者の「善悪」の定義について一石を投じる。監督を務めるのは、「100万円の女たち」や『7s/セブンス』などを手掛け、ポケットモンスターの広告を始めMV、CMなど幅広い分野で活躍する藤井道人。また、映画を中心にドラマ、CMなどを手掛ける小寺和久が脚本を担当する。

主演を務めるのは、「メイちゃんの執事」「信長協奏曲」などに出演し、山田さんと同じ事務所で長年の親友でもある阿部さん。彼にとって長編映画初主演となる本作では、自ら企画・原案も務めている。そして、山田さんと阿部さんは脚本開発会議を積極的に主催し、自らセリフを読み上げ演技を交えながら、言い回しなどの細かい部分まで確認しながら進め、そんな脚本会議は12時間以上に渡ることもあるとか。山田さんにとって連日の長時間にも及ぶ脚本会議、プロモーションプラン、キャスティング、スポンサー集めなど、1から企画に携わったオリジナル作品は初めてで、また一切出演せず、裏方に徹するのも今回が初となる。

撮影は11月、およそ1か月間を予定しているという本作。ロケ地となるのは、秋田県鹿角市と三種町。製作を手掛ける「株式会社and pictures」が担当した映画『サブイボマスク』を観た鹿角市在住の女性から、「映画を誘致して、地域の人々に刺激を与えたい、地域を絡めた映画作りをしてみたい」との熱い声がきっかけで選定。山田さんと阿部さんも自ら秋田へ出向き、市長らと会談も行ったそう。また、主演以外のキャストは現在検討中で、今回は色々な役柄を「ミラーライアー」を通じてオーディションで広く募集。オーディションには山田さんと阿部さんも参加し、相手役を務め、審査にも加わることになっている。

山田さんは、「優しさと厳しさ、理想と現実を見せたとき、そこに善と悪を決めつけることで自分を保つ人は多いのではないかと思う。善と悪など答えはないけれど、自分の中で決めなくては生きていられない。しかし、それでも問いたい。生かされることを人生と思って欲しくないから。そんな映画を作りたくてデイアンドナイトは始まりました」と今回の製作経緯を語り、ロケ地については「今年2月挨拶も兼ねてロケハンに行った際、自然が多く素敵な環境に撮影がとても楽しみになりました」と話し、また「撮影は早朝から深夜に及ぶこともありますが、皆様にご迷惑とならないよう、チーム一丸となり心に響く作品を完成させたいと思います」と意気込みを見せた。

阿部さんは、「私と藤井監督との出逢いで生まれたこの企画が、多くの仲間の助けを得て1つの映画に成ろうとしていることを、大変嬉しく思っています」と心境を明かし、「いまはただ、私が演じる『明石幸次』という人間を愛することに注力したいです。そして、その先に何が待っているのかを確かめたいと思います」とコメントしている。

『デイアンドナイト』は2018年、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top