『ワンダーウーマン』の監督、続編で女性監督史上最高のギャラを手に?

最新ニュース

パティ・ジェンキンス監督&ガル・ガドット-(C)Getty Images
  • パティ・ジェンキンス監督&ガル・ガドット-(C)Getty Images
  • パティ・ジェンキンス監督-(C)Getty Images
  • リンダ・カーター&ガル・ガドット&パティ・ジェンキンス監督-(C)Getty Images
  • パティ・ジェンキンス監督-(C)Getty Images
  • パティ・ジェンキンス監督-(C)Getty Images
『ワンダーウーマン』を全世界で大ヒットへと導いたパティ・ジェンキンス監督が、続編にも続投とあらば莫大なギャラを手にするようだ。

先月、サンディエゴの「コミコン」で、同作の続編が2019年12月13日に公開予定であることが発表された。そこでパティ監督が「続編のストーリーの舞台はアメリカになると思うわ」と話し、続編の脚本を執筆していることは明かされていたが、引き続きメガホンを取るかどうかは語られなかった。しかし、「Deadline」によると、パティ監督は「自分が男性監督であったら受け取れるべきギャラ」を希望して最終交渉に入っており、契約することになれば女性監督として史上最高額のギャラを手にすることになるという。

パティ監督は『ワンダーウーマン』で、女性監督作品のオープニング興収、女性監督による実写映画の世界興収の記録を塗り替えトップを獲得。ワーナー映画の中では歴代第3位の興収を上げた。今月8月25日(金)から公開される日本の興収は含まれていないので、今後もさらに数字が伸びていくことが見込まれる。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top