岩田剛典、憧れのクリストファー・ノーラン監督と対面!「すごく光栄」

最新ニュース

クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
  • クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
  • クリストファー・ノーラン監督/『ダンケルク』来日記者会見
  • クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
  • 岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
  • クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
  • クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
  • クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
  • クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
7年ぶり4度目の来日を果たしたクリストファー・ノーラン監督が8月24日(木)、都内で最新作『ダンケルク』の記者会見を実施。ノーラン監督の大ファンだという「EXILE」/「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典が駆けつけ、「すごく光栄です」と感激していた。

『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』といった数々の傑作で映画の歴史を塗り替えているノーラン監督が、初めて実話の映画化に取り組んだ本作。1940年、フランスの港町ダンケルクで、英仏連合軍40万人が繰り広げた史上最大の救出劇を、圧倒的なスケール感とリアリティで描き出す。

クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
岩田さんは「これまでの作品とは、いい意味でテイストが違う」とファン目線で分析。「映画が始まって5秒で、戦場に連れていかれた感覚。あたかも戦場にいるような“VR体験”を味わった。細部へのこだわりはノーラン監督節ですし、音楽も印象的」とすっかり作品に惚れ込んでいた。

サプライズでノーラン監督から、『ダンケルク』のサイン入りオリジナル台本をプレゼントされると「めちゃめちゃうれしい!」と少年のまなざし。喜びのあまり、ノーラン監督とハグし合う場面もあった。

クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
そんな岩田さんから「ぜひ、頭の中を見てみたい! 撮影中はどんなことを考えているんですか?」と問われたノーラン監督は、「監督業とは、何か1つのことに秀でている必要はありません。自分の描きたいことがあれば、それを目指して、才能ある人を集めて、彼らの視点や才能を束ねればいいんです。カメラでいえば、レンズの役割。焦点を定めることが大切なんです」とその“極意”を語った。

現在、アカデミー賞最有力の声もあがる本作については「描いているのは戦闘ではなく、タイムリミットが迫った撤退劇。戦争映画ではなく、サスペンススリラーを目指した」といい、「個人が尊重される時代ですが、この映画は名もなき人々が団結し、偉業を成し遂げる姿を描きたかった。きっと文化や世代を問わず、共感してもらえるはず」とアピールしていた。

クリストファー・ノーラン監督&岩田剛典/『ダンケルク』来日記者会見
『ダンケルク』は9月9日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top